誰かに依存してモチベーションを上げる方法

ダイエットは基本的に自分で行動しない限り成功しません。

誰かが代わりにやってくれるのであれば他の人の助けを借りることもできますが、それができないから失敗もするわけです。

極めて個人的な作業なので、孤独感もあります。

そこで、誰かを巻き込んでダイエットを行えば孤独感を解消できると同時に、誰かにダイエット実行を宣言することによって自分を追い込むこともできます。 続きを読む 誰かに依存してモチベーションを上げる方法

記録は情報としてダイエットに役立たせる

ダイエットの記録を毎日残していくと、いろいろな点が分かってきます。

たとえば体重は減っているのに体脂肪率や骨格筋量があまり変わりないとしたら、全体的な痩身には役立っているけれど運動量そのものが少ないので、もう少しストレッチを増やした方がいい、とか、骨格筋量は増えているけれど部分的なシェイプアップが果たせていない時はストレッチの方法が間違っているので、違うストレッチを取り入れた方がいい、とか、自分の目標値に近づけるだけでなく、自分の好みの体型に近づけることも可能になります。 続きを読む 記録は情報としてダイエットに役立たせる

毎日のダイエット結果を記録する

ダイエットを成功させる十ヶ条、その8は「毎日の結果を記録する!」です。

記録は本人のモチベーションを高める最良の材料と同時に、続けていくダイエット方法を客観的に判断する情報でもあります。

記録する方法はなんでも構いません。

ダイエット専用の日記帳やPCのエクセルでもつけられますし、カレンダーの空白を利用してもいいでしょう。 続きを読む 毎日のダイエット結果を記録する

最初は筋肉痛になるくらいまでストレッチを行う!

ストレッチは全体的な痩身から部分的なシェイプアップまで有効です。

とくに部分的なシェイプアップのストレッチは通勤電車の中でも会社でエレベーターを待っている時でもできるので、これまで運動に縁がなかった人でも継続して続けられるでしょう。

全身を使うストレッチはさすがに場所を選ぶことになりますが、それでも家の中でできるので、アウトドアで行う運動に比べれば準備も少なく済むし、不安や危険性もありません。 続きを読む 最初は筋肉痛になるくらいまでストレッチを行う!

継続できる運動はストレッチが1番!

世の中、あらゆるダイエットの方法が蔓延しているので、いったいどの方法が自分に最適なのか分からなくなってしまう人も多くいるでしょう。

また食事制限でもカロリー計算や毎日の栄養バランスを考えた献立など、やることが多すぎるのもダイエットを難しくしている理由のひとつです。

ここではそんな難しいことをせず、とにかく簡単な方法を勧めてきました。

その方法が早起きをすることと、よく噛むことです。

これに加え、継続して運動を行えば全体的な痩身から部分的なシェイプアップまで、無理なく実現することが可能です。 続きを読む 継続できる運動はストレッチが1番!

噛むことによって満腹中枢が刺激される!

好きな物を好きな時だけ食べてもいい、という最大の理由は、よく噛むことによって摂取量が減るからです。

食欲をコントロールしているのは中枢神経で、中でも満腹中枢と摂食中枢が大きく関わっています。

胃の中に消化物がなくなると細胞内の脂肪が分解され、血液中に脂肪酸が増え、腸からグレリンというホルモン物質が分泌されることによって摂食中枢が活発に動き、脳に空腹感を伝達して摂食するように要求します。

逆に、血液中の糖分が増えると脳に血糖値が伝達され、それ以上糖分を取る必要がなくなるので満腹中枢が動き出し、満腹感を与えて食物摂取を止めます。 続きを読む 噛むことによって満腹中枢が刺激される!