アンチエイジングに必要な美白の成分

なんといっても、美白は、シミやソバカスを作らない、またその成分によっては、薄くする、という作用もあります。

では、美白に必要な成分、というと、なにがあるのでしょうか。

まずは、ビタミンCですよね。紫外線をあびる時期にはしっかりとっておきたいものです。

ビタミンCは抗酸化作用があり、さらにコラーゲンの生成にも一役かってくれる、という肌に強い味方となる成分なのです。

スポンサーリンク

この美白、ということに限らず、ビタミンCは色々な作用のあるものです。

風邪のときにもとりなさい、といわれたこと、ありますよね。

ただ、非常に壊れやすいビタミンCという成分は体への浸透力が悪い、ということも言われていたのです。

しかし、現在は、ビタミンC誘導体、というものが登場し、体への浸透率がぐっと高まったのです。

アルファアルブチンは、ハイドロキノンという成分にブドウ糖がついたというものです。

メラニン合成酵素を邪魔してくれます。ハイドロキノンは肌にちょっと強い刺激となって、アレルギーになってしまう方もいますが、このアルファアルブチンは、大丈夫です。

さらに、植物性の女性ホルモン様成分、これは、イソフラボンなどの成分になります。

私も、最近、暑くなったり、寒くなったり、更年期にはちょっと早い、という年齢ですが、既に少しずつ、始まっているのかな?と思います。

女性ホルモンが減少し始めると、肌のみずみずしさ、といったものが失われて、老化現象が目立つようになっていきます。

ここで、イソフラボンの成分を体に入れることで、女性ホルモンをプラスしている、というような効果があるようです。

また、このアルブチンはシミなどの色素沈着にきくらしいので、美白対策にはぴったりですよね。

関連記事(一部広告含む):