アンチエイジングの世代に魅力、フェイスリフト

しわやしみ、たるみ、色のくすみ・・・おなかのたるみも気になるけど、やっぱり出ている顔がこうだとね〜という方は多いと思います。

また、たるみなどが本当に気になって外に出るのも嫌だ、という方もいます。

そういった方のためにフェイスリフト、という方法があります。

手術になりますが、もし、しわが気になるたるみが気になる、という方で悩まれているというのであれば、こういった方法もある、ということを知っておくといいでしょう。

この方法は、額や眉間、目元などのたるみの気になる部分などをリフトする前額リフト、目じりや中顔面のたるんだところを改善しよう、というこめかみリフトというものがあります。

また顔の頬の部分を持ち上げたい、という方には、ミッドフェイスリフト、というものがあります。

顔の様々な部分がたるんでいる、という方は、前額りふとになりますが、おでこの前面を切る、というような手術ではありません。

髪の生え際の毛髪の部分に小さな切開をいくつか施して、そこから持ち上げる、という手術になります。

最近では、この前額リフトでも、日帰り手術ができるという所も出てきていますので、体に負担が少ない手術となっています。

こめかみリフトは、こめかみの生え際の毛髪内を3cmくらい切開し、持ち上げます。これによって下った目じりや気になる細かいしわを改善できます。

ミッドフェイスリフト、というのは、頬の部分を施術するものです。

多くの場合は、フェイスリフトと同時に手術、という場合が多いようです。

このリフトの手術の中では、難しい、という手術になるようです。

いずれにしても、手術は手術、全くリスクのない手術、というのはありません。

麻酔もしますで、やはり施術回数の多い医師としっかり話をしてからというのが大前提になります。

この手術によって元気に慣れる、自分に自信がもてるようになる、その方にとっての幸せがつかめる手術であることを願います。

関連記事(一部広告含む):