gluck のすべての投稿

プラセンタを使っている芸能人って?

プラセンタは英語で「PLACENTA」と書き、胎盤のことを意味します。

胎盤は、母体から胎児へと酸素や栄養を運ぶ大切な働きをしています。

また、胎盤にはさまざまな生理機能もあり、アミノ酸やタンパク質、ビタミン、核酸、ミネラル、酵素などの各種栄養成分で構成されています。

これらの成分が、さまざまな病気にも効果があるばかりか、美容の面でも一流の化粧品メーカーや高級エステサロンなどでも導入するほど高い評価を得ています。 続きを読む プラセンタを使っている芸能人って?

飲むプラセンタの効果って?

美容にも健康にも最適のプラセンタ。注射や点滴以外にも手軽に体に取り込む方法はあるのでしょうか?

現在、市販されているものの多くは固形のサプリメントですが、最近ではプラセンタドリンクが出回るようになってきました。

先端技術を駆使し液体タイプになっていますが、やはり固形よりも吸収の速さという点では大きなメリットになります。

発売当初は、独特の臭いがあり、飲みにくいという声が多くありましたが、今ではフルーティな甘みを加えたりなどの改善をし、だいぶ飲みやすくなっています。 続きを読む 飲むプラセンタの効果って?

プラセンタの原液効果

更年期障害の改善ばかりでなく、自然治癒力、免疫力のアップ、活性酸素の除去などによるさまざまな病気の改善や予防にも効果があるプラセンタ。

最近では、美容効果が注目され、美を追求する女性たちからも歓迎されている成分です。

プラセンタの美容効果としてよく知られているのが「美白作用」です。

しかも、厚生労働省からも美白成分としてプラセンタが認可をされているお墨付きというわけです。

そんなに美白効果のあるものなら、原液を直接つけてはどうかしら?美白願望の強い女性なら、プラセンタに対してそんな疑問を持つことでしょう。 続きを読む プラセンタの原液効果

更年期障害にも威力を発揮するプラセンタ

日本人の平均閉経年齢は50歳だと言われていますが、最近では早い人では30歳代から「更年期障害」の症状が出始めるケースもあります。

では、更年期障害ってどんな病気なのでしょうか?

更年期障害は、一般的に閉経前後の約10年間、卵巣の機能が衰え始め、性女性ホルモンが急激に減少することで起こる病気です。

閉経が平均50歳とすると、前後の10年ですので45〜55歳ぐらいが更年期と言えます。

症状としては、頭痛やめまい、肩こり、イライラ、うつ気分、のぼせ、発汗、息切れ、冷え症、食欲不振、不安感、疲労感、下痢、腰痛、頻尿などさまざまです。 続きを読む 更年期障害にも威力を発揮するプラセンタ

プラセンタ注射ってどこにするの?

若返りや美肌効果だけでなく、疲労回復や肩こり、腰痛、発毛促進や更年期障害にまで効果のあるプラセンタ治療。

でも、プラセンタ治療っていったいどんなところに注射をするのかしら?痛くはないの?副作用は大丈夫なのかしら?と気になることだらけでしょう。

プラセンタの注射には、筋肉注射やツボ打ち注射、静脈注射に皮下注射などの種類があります。

注射をするのは腕やお尻になります。 続きを読む プラセンタ注射ってどこにするの?

プラセンタ注射が注目される理由

昭和20年代に、旧ソ連や中国から伝わってきたといわれるプラセンタの治療法ですが、その頃、日本では「胎盤埋没療法」が行われていました。

この治療法は、麻酔をかけて皮膚を切開し、胎盤を埋め込んで縫合するという何とも原始的な方法で、プラセンタの恩恵にあずかろうとした療法です。

しかし、旧ソ連や中国から伝わってきた注射によるプラセンタ注入法は、胎盤埋没療法に比べ、麻酔や切開なして注入できる画期的な治療法として一躍注目されました。

治療も安全性が高く、しかも簡単なので、多くの医師たちがこの治療法を取り入れました。 続きを読む プラセンタ注射が注目される理由