馬油の好体反応を見逃すな!

美容マニアの方は馬油を早速使い始めている方も多いのではないでしょうか?

馬油を使い始めると、今まで信じることが出来なかった「浸透力」という宣伝文句を一瞬にして実感されたと思います。

馬油という響きに「脂っぽい」「ニキビができそう」など健康肌や脂性肌の方など今まで見向きもしなかったスキンケア用品の一つかもしれませんね。

しかし、2~3週間馬油を使いはじめると、「効き目を感じなくなった。」「肌がゴワゴワしてきた。」など肌の不調を感じだした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今回は馬油で不調を感じる理由をご紹介しますので、その肌の不調を正しく理解し乗り越えましょう。

◆皮膚の皮がめくれてきた

特に痛みもないのに、鼻の上の皮がめくれていたり、額の皮がめくれたりしていませんか?

それは馬油が効いている証拠である好体反応です。

馬油の特性として、血液の流れを良くし古い角質を除去しますので、皮がめくれるという状態は皮膚の細部まで新陳代謝が行われており、新しい皮膚が生まれる前触れなのです。

無理矢理に皮をめくらずに、自然に皮が剥がれ落ちキメの細かい生まれたての赤ちゃんのような肌が表面に出てくるまで我慢です。

どうしても乾燥が気になる場合は馬油を塗りこみ浸透してから15分後にフェイスパックなどをすると効果的です。

◆肌がゴワゴワして化粧ノリが悪くなった

馬油を使いはじめた当初は、馬油がぐんぐん浸透して翌日の朝の化粧ノリも良かったのに、数週間使い続けると何だか肌がゴワゴワ、ザラザラして馬油もなかなか浸透しないし、ファンデーションも上手くのらずに時間がかかるなどで、「馬油をやめようかな」と思われている方も多いかもしれませんね。

しかし、もう少しの我慢です。

そのゴワゴワしている皮膚の皮の下では、新しい皮膚が少しずつ出来上がっており、もう少しでツルりん、ゆで卵肌の登場です。

完全に皮膚が出来上がったら表面の皮がめくれ新しく生まれ変わった皮膚が出てきますので、あと1ヶ月の我慢です。

どうしても化粧をする際に困るようであれば、メイク前の下地は馬油を使わず、メイク下地を使うというのも一つの手段ですよ。

関連記事(一部広告含む):