馬油を使ったぷるぷる唇で干物女を断捨離

若い頃は、いつもリップを持ち歩き、グロスを塗ってアヒル口で女子力をアップしていたのに、そういったことからも卒業し、何だか生活も見た目も干物女になっていませんか?

特に、そういったスキンケアの怠りがバレやすいのは、皮膚の柔らかい唇なのです。

唇にシミが出来ていませんか?

唇の縦じわが目立ち始めていませんか?

グロスや口紅がきちんとのってくれますか?

20歳代後半くらいから顔にシミはなくても唇にシミが出始める方は多いのです。

スポンサーリンク

確かに、唇はそういった生活や食生活の乱れだけではなく、女性ホルモンの分泌や心の動きまで表す鏡のようなもので、すぐに不調が表面化してしまうのですが、逆に言うと、ちょっとした改善で効果が表れやすい場所であるということです。

もちろん、食生活や生活習慣を改めることが一番ですが、毎日追われる生活の中では仕事をして生活していくのが精一杯です。

そんな方でも、改善方法はたくさんありますが、馬油で唇から栄養補給をするというのはいかがでしょうか?

寝る前に馬油をたっぷり唇に塗ってサランラップをして10分放置するだけで、唇から美容液を注射したようにプルプルの唇を作ることができますし、その唇から栄養を取り込み、血管を伝って栄養分を体全体に回すことが出来るので、一番簡単に出来るアンチエイジングでもあるのです。

ぷるぷるの唇を手に入れたら、昔はやっていたグロスをぬってアヒル口をやってみましょう。

また、アヒル口をするために使う唇周りの筋肉は女性ホルモンの分泌に効果的なので、馬油とアヒル口で干物女を断捨離しましょう。

その日のうちに効果を実感できるので、馬油の効果を疑っている方もまずはここから始めてみるのもいいかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):