馬油はメイク落しとしても使えるのか?

馬油の効果を実感された方は、もっともっと馬油を活かせないかとインターネットや雑誌などで馬油について調べられている方も多いかもしれませんね。

そんな方が気になるのは、「馬油はメイク落しとしても使えるのか?」という問題です。

インターネットや雑誌でも言われているように、馬油の吸収力は想像を絶する速度で吸収しますから、メイク落しを馬油ですることで、逆にメイクの肌に悪い成分を一緒に吸収してしまうのではないかということで意見が二分しています。

その意見は皮膚科医でも二分するので、とても難しい問題なのかもしれませんが、一つ言えることは、「化粧品の9割の成分は馬油によって吸収されない」ということです。

確かに、馬油の浸透力はどの薬品にも真似できないほど驚く力ですが、不必要なものを包み込む性質もあるということを忘れてはいないでしょうか?

スポンサーリンク

馬油自身がなにをもって必要か不必要かを判断するかは定かではありませんが、馬油に溶け込み分解される成分は一緒に吸収され、分解されない成分は包み込む性質があると言われています。

つまり、化粧品の主成分である石油は馬油によって分解されることはありませんので、石油系の成分まで一緒に吸収されることはありません。

ですから、メイク落しとして安心して使うことはできますが、化粧品の成分の中に微量に馬油に溶け込む成分が入っている場合があるので、馬油が肌に吸収し始める5分以内にはぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

アトピーの方にはあまりオススメはできませんが、ミネラル系のファンデーションを使用されている方は安心してメイク落しとして使うことができます。

5分以内に落ちないような濃いメイクなどは専用のメイク落しで落としてから馬油でマッサージすることをオススメいたします。

関連記事(一部広告含む):