馬油をヘアケア剤の代わりに

女性の象徴である長い髪は今も昔も、艶やかでコシのある髪の毛が好まれますよね。

皆さんはそんな髪の毛の維持のためにどのようなヘアケア剤を使っていますか?

お風呂あがりの洗い流さないヘアパック、ヘアオイル、保湿クリームなど、髪の毛の美容を維持するだけでもたくさんのヘアケア剤をお持ちではないでしょうか?

ナチュラル志向の方は椿オイルで全てを賄っておられる方も多いかもしれませんね。

しかし、椿オイルは髪の毛への吸収が悪く、いつまでも髪の毛に油分が残ってしまうため、顔に髪の毛がついたことにより、ニキビが出来てしまったということも少なくはありません。

スポンサーリンク

そんな方は是非、馬油をヘアケア剤の代わりに使ってみてはいかがでしょうか?

馬油は、はじめ白く練り状の形態ですが、手の平にのせて温めると、すぐにオイル状になりますので、髪の毛の毛先から馴染ませていくのにも簡単に使うことができます。

髪の毛にオイルを馴染ませてから5分ほど揉み込むと、ベタベタ感がなくなりますので、その後にコテで巻いたり、ドライヤーでヘアセットすることもできますし、髪の毛を保護する役割があるので髪の毛を熱から守ってくれるので、色んなヘアスタイルを楽しんでおられる方には特にオススメです。

また、馬セラミドのおかげで白髪予防にもなるので、お風呂上りに髪の毛を乾かした後、地肌にも馬油をつけて髪全体に揉み込み、翌朝洗い流すなどして、白髪のない黒々とした髪の毛を維持する効果も期待できます。

オイル状になった馬油を販売されているので、ヘアケア剤用として一本準備しておくのもいいかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):