美白、ぷるぷる素肌に「ビタミンC」

おいしく食べて、しかも美肌になれる!

そんな食べ物たちを紹介します。

体の中からキレイになりましょう。

「ビタミンC」は、シミを薄くするなどの美白効果や、しわ・たるみを解消してくれたり、お肌をぷるぷるにする「コラーゲン」の働きを高めてくれるので、美肌・アンチエイジングにもかかせない成分です。

それではどの様に摂取するのが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

「ビタミンC」は人間の体内では作られない成分です。よって、外から取り入れなければなりません。

しかし、食べれば食べるほど摂取されるのではなく、成人男女では、一日に100mg位が適していると言われており、それ以上は摂取しきれず体外へ流れ出てしまいます。

そして、一回の食事でたくさん摂取するよりも、3回の食事に分けて、こまめに摂取するのが効果的です。

水に溶けやすく、加熱すると壊れてしまう、とってもデリケートな成分なので、フルーツなどから調理しないでそのまま摂取するのが良いでしょう。

●「ビタミンC」を多く含むフルーツのご紹介

柿(1個70mg)、キウイフルーツ(2個69mg)、いちご(10粒62mg)、パパイヤ(1個100mg)、夏みかん(1個40mg)

いつものスキンケアで体の外からキレイに、いつもの食事で内側からもキレイになりましょう!

関連記事(一部広告含む):