美しい瞳と髪のために「ビタミンA」

「ビタミンA」は粘膜を作る働きがあります。

不足するとお肌がカサカサになったり、髪の毛がパサパサに痛んでしまいます。

そして目の健康にも関わっており、目を乾燥から防ぐ効果があります。

つまり、「うるうる瞳」や「しっとりヘア」美人になるために必要な成分なのです。

「ビタミンA」には、レチノール類とカロチン類の2種類があり、レチノールは、動物性食品(お肉)などに含まれていて、カロチンは緑黄色野菜に含まれています。

スポンサーリンク

油に溶けやすく、加熱にも強いため、炒め物やサラダにしてドレッシングやマヨネーズをかけて食べるのが良いでしょう。

●「ビタミンA」を多く含む食べ物のご紹介

鶏レバー、豚レバー、うなぎ、かぼちゃ、にんじん、ほうれんそう、春菊などです。

一日に必要な摂取量は、成人男性 750μg、成人女性 600μg、妊婦 670μgです。

カロチンは体内で必要な分だけコントロールして摂取できますが、レチノールはコントロールできず、摂取すればするほど体内に溜め込んでしまいます。

摂取量3,000μgを上回ると頭痛や吐き気などを起こす場合があります。

とくに妊婦さんは胎児に影響があるため、レチノールは過剰摂取にならないよう気をつけて下さい。

●レバーの焼き鶏、1串<4200μg>

●豚のレバニラ炒め、1皿<6500μg>

●うなぎの蒲焼き、1切れ<1200μg>

ビタミンAは、体内に貯金できる成分です。

レチノールは毎日食べ続けることは避けましょう。

計画的にビタミンAを摂取して、うるうる瞳。

そしてダメージヘアに「さようなら」しましょう!

関連記事(一部広告含む):