アトピー性皮膚炎の改善、デトックス効果のある「ビオチン」

「ビオチン」は、アトピー性皮膚炎など、アレルギーを改善してくれる働きがあります。

アレルギーはヒスタミンという成分が体内に入って発生するのですが、このヒスタミンを体外へ排出してくれる働きがあるのです。

また、ビオチンには血液の流れを良くする働きがあり、美しい肌や髪、爪を守る働きをします。

血行の流れを良くして、老廃物の排泄を促してくれますので、デトックス効果も期待できます。

ビオチンが不足すると、皮膚炎を起こしたり、抜け毛、白髪が増えたり、爪がカサカサになったりします。

スポンサーリンク

しかし、ビオチンは多くの食物に含まれており、腸内でも合成されますので、普段から普通の食事をしていれば、不足することはないのですが、上記の症状が気になる人は積極的に摂取しましょう。

●「ビオチン」が多く含まれる食べ物

牛レバー、大豆 、たまご、牛乳、トマトなどです。

加熱調理にも強いので、炒めたり・焼いたりして食べましょう。

過剰に摂取しても、吸収されなかった分は体外へ排出されますので、気にしなくても大丈夫ですが、カロリーのとり過ぎには注意しましょう。

ビオチンは、腸内で合成されるため、腸内環境を整える事によって、吸収率が高くなります。

腸内環境を整えるには、食物繊維やビタミンCが効果的です。

関連記事(一部広告含む):