「ビタミンE」の抗酸化作用で若返る!

「ビタミンE」もアンチエイジング、美肌キープに活躍するビタミンの一種です。

ビタミンEには抗酸化作用(活性酸素を抑制する働き)があります。

活性酸素とは、人間の体を酸化させてしまう働きがあります。

りんごを切って、しばらく放置すると茶色くなりますよね?

それは、この活性酸素の仕業なのです。

スポンサーリンク

「しみ」ができてしまうのも活性酸素が影響しています。

ですから、活性酸素を抑圧するビタミンEには「しみ」を防ぐ効果があるのです。

また、活性酸素は、がん等の原因にも関わっています。

活性酸素を抑制するビタミンEには成人病を予防する効果もあるのです。

●ビタミンEを多く含む食べ物

アーモンド、ヘーゼルナッツ、いくら、あんこう、あゆ、ひまわり油などです。

ビタミンEは普段の食事ではあまり摂取しない食べ物に多く含まれていますので、意識して摂取しましょう。

過剰摂取すると、血が固まりにくくなるなどの症状がでる可能性がありますので、摂りすぎには注意しましょう。

また不妊症にも効果があるとも言われています。

ビタミンEが不足すると流産の原因にもなりますので、女性は日頃から摂取しておきたいビタミンです。

関連記事(一部広告含む):