緑茶の「カテキン」でダイエット

カテキンはポリフェノールの一種で、緑茶の独特の渋み、これが緑茶に含まれる「カテキン」の味です。

このカテキンが、ダイエットに効果があるのです。

●「脂肪の燃焼を促進する」働き

脂肪は肝臓で「脂肪燃焼酵素」が働いて燃焼します。

カテキンは肝臓内での「脂肪燃焼酵素」の働きを活発化してくれるので、脂肪の燃焼を促進します。

スポンサーリンク

●「脂肪の吸収を防ぐ」働き

食事により摂取した脂肪は、腸内で「胆汁酸」に取り込まれ体内に吸収します。

カテキンには、この「胆汁酸」が脂肪を取り込むのを抑える働きがあるのです。

食事と一緒に、又は食後に緑茶を飲むことによって、脂肪の吸収を抑えてくれるのです。

●「代謝をアップさせる働き」

血液の循環を良くする効果もあります。

血液の循環が良くなれば、代謝がアップし、体脂肪を燃やしてくれるのです。

カテキンには、ビタミンCも含まれているので、お肌の美容にも効果があります。

最近では、お茶の化粧品も多く開発されています。

カロリーオフで、いつでも気軽に摂取できるのも嬉しいですね。

関連記事(一部広告含む):