毛母細胞の分裂から髪は作られる

この複雑な髪の構造はどこから生まれてくるのでしょうか?

皮膚を見ると毛穴があって、そこから毛が伸びているのが分かりますよね?

もちろん毛髪も頭皮の毛穴から伸びているのですが、この毛穴の奥では毛髪よりも複雑な構造が働いているのです。

毛穴から出ている部分、つまり目に見えている毛髪部分は毛幹部、皮膚の下に隠れている部分を毛根部、毛髪が作られている部分を毛球部と言います。

まずは毛髪を作る毛球部から説明しましょう。

毛球部は表皮の下、真皮の部分にあり、玉ねぎのような格好をしています。

この玉ねぎ内部の底に毛乳頭があり、その周囲に毛母細胞があります。

スポンサーリンク

毛乳頭は真皮の下、皮下組織に張り巡らされている毛細血管から栄養素や体内毒素(後述)を吸い上げ、毛母細胞に送り出します。

毛母細胞はさらに周囲にある色素細胞(メラノサイト)を取り込んでケラチンタンパク質を作り出し、これが大きくなると細胞分裂を起こしてケラチンタンパク質を含んだ細胞を上に押し出します。

つまり、この細胞が積み重なって毛穴から出たのが毛髪なのです。

表皮の下まで押し出された毛根部は、同じく表皮の下にある皮脂腺から出る皮脂膜によって表面を保護されます。

髪の艶には、この皮脂腺も大きく作用しているのです。

関連記事(一部広告含む):