自律神経の不安が原因でエストロゲンが減少

寝不足が続いたり、仕事で一生懸命になり過ぎて生理不順になったことは女性なら一度や二度は経験しているはず。

これ、自律神経が関係しているのです。

エストロゲンは卵巣の顆粒膜細胞や胎盤、副腎皮質などで生成されますが、この生成時間は副交感神経が活動する時間。

簡単に言うと体を休ませる時間ですね。

これが寝不足になると当然、交感神経が働いてしまい、エストロゲンの生成を阻害します。

排卵前はエストロゲンがピークに分泌されるのですが、これがピークを迎えないと体が排卵の時期ではない、と判断してしまうのです。

スポンサーリンク

また仕事に熱中しすぎると交感神経が過敏になり、攻撃的な性格になります。

これ、じつは男性ホルモンのアンドロゲンを分泌することにつながってしまうのです。

男女のホルモンは男女共に分泌され、その量の違いによって男性的、女性的になるのですが、こうした環境によってホルモンバランスは崩れてしまうのです。

このように仕事熱中型の女性がエストロゲン減少期まで同じ生活を繰り返していると、今度は自律神経そのものに影響が出てきて、美しい髪どころか体調さえ悪くすることがあります。

攻撃的な部分が感じられたら、仕事を離れてゆったりした時間を作ることが大切です。

関連記事(一部広告含む):