紫外線はシスチン結合を切断し日焼けを作る

自然界からのダメージはなんといっても紫外線。

なかでも波長の長いUV-B波は肌に浸透して細胞を壊す力を持っています。

頭皮を毛髪が覆っているのは、もっとも紫外線を浴びやすい場所を保護するというDNAの記憶に因る部分もあります。

頭皮を守るくらいですから、その害を髪が吸収してダメージを受けているということですね。

そのダメージはシスチン結合を切断してしまうこと。

つまりパーマをかけた時と同じ状態ですね。

ただし、パーマはシスチンを再結合させますが、紫外線は切断するだけ。

スポンサーリンク

毛髪は縦の力には強いのですが、横の力には弱く、ましてシスチン結合を切断されると簡単に切れてしまいます。

切れた部分から枝毛や裂け毛が生まれてしまうので、紫外線が強い時期に毛髪を長く陽にさらすことは避けた方が賢明。

UV-A波はエネルギーが強いので日焼けを起こしますが、じつは毛髪も焼けているのです。

肌部分にはUVケアを行うけれど毛髪まではなかなか気が回りませんね。

髪が日焼けを起こすとCMC内のメラニン色素が分解されるので、陽の当たった表面だけ赤茶色になることも。

日焼けした肌は角質化して剥がれますが、一度日焼けしてしまった髪は元に戻りません。

紫外線が強くなる5月頃からはできるだけ帽子や日傘を携行しましょう。

関連記事(一部広告含む):