ヘアケアは状況に合わせた三段階を考えて

他にも冬場の乾燥した風、あるはエアコンの効き過ぎた部屋、さらに髪の毛の洗い方やドライヤーのかけ方でも毛髪を構成している要素はダメージを受けます。

では、これらのダメージからどのようにして毛髪を守りながらバージンヘアに近づけていけばいいでしょうか?

そのためには予防、修復、対処法が必要になってきます。

体内からバージンヘアを育成する方法を実行していれば、生まれてくる髪に予防を行えば健康状態が保てますね。

まだ毛母細胞の分裂が行われている成長期の毛髪には予防と同時に毛幹部で受けたダメージが軽傷ならば修復を。

毛母細胞が活動を休止したり、あるいは毛乳頭から完全に離れてしまった休止期や退行期に入った毛髪は、たとえダメージを受けていても修復は不可能なので、髪を美しく見せる対処法が必要になってきます。

スポンサーリンク

この三段階のヘアケアを行うことで、現在の頭髪を美しく艶のあるバージンヘアのように見せることができるでしょう。

ヘアケアをする際にもっとも注意する点は頭皮に触れるシャンプーだけは注意して選ぶこと。

極端な話、毛髪に使うヘアケア剤は美しさを保つ、あるいは引き出すことが目的で健康を左右するわけではありません。

もしヘアケア剤が健康に影響を及ぼしているとしたらヘアカラーは絶対に使えないでしょう。

しかしシャンプーは頭皮に直接影響を及ぼすもの。肌に合わないシャンプーを使うと皮脂の調整がうまくいかずフケの温床になったり、皮膚炎を引き起こすこともあります。

健康を守ってこその美しい髪です。頭皮の肌質に合ったシャンプーを選んでください。

関連記事(一部広告含む):