ヘアケアの基本は髪の洗い方から

では、予防のもっとも基本であるシャンプーから。

たかがシャンプーと思っていませんか?

毛髪と頭皮を同時にきれいにするシャンプーは美しい髪を守る方法の、すべての始まりなのです。

たとえば髪を十分に濡らさず液体のままのシャンプーを髪につけてゴシゴシと洗う方法。

局地的にシャンプー液が染み込み、すすぎが不完全になるばかりか、乾いた髪同士をこすり合わせることによってキューティクルが著しく傷になり、剥がれる可能性もあります。

頭皮についている角質化した皮脂、つまりフケ対策もできていませんね。

洗髪はシャンプー前に38~40度程度のお湯で髪を軽く洗い流し、そのまま5分ぐらい蒸すのが理想的。

スポンサーリンク

頭皮の皮脂はこの温度でゆっくり溶け始めるので、余分な皮脂やその上のフケが流しやすくなります。

蒸しタオルを乗せている間はゆっくり湯船に浸かっていてくださいね。

髪のタオルを取る前に、まずシャンプーを適量出して、手の平や洗面器でたっぷり泡立てましょう。

その泡を髪につけるだけで汚れは落ちます。

泡は頭皮にもつけ、軽くマッサージする感覚で汚れを落として。

指先でゴシゴシ擦ると頭皮に傷をつけて皮膚炎の原因になります。

あとはシャワーで髪をすすぐだけ。液体ではなく泡をつけただけなのでシャンプーが残る心配も少ないでしょう。

指で髪を梳く時も毛根から毛先が原則。

キューティクルの配列に沿った梳き方ですね。

関連記事(一部広告含む):