石鹸シャンプーはアルカリ性という弱点を持つ

シャンプー選びのコツですが、最近、界面活性剤やシリコン入りのシャンプーを敬遠する方向が取られています。

確かに安いシャンプーは頭皮にやさしくない部分がありますね。

たとえばラウレス硫酸。

少量でも洗浄力が強いので安価なシャンプーに使われます。

ただ、このラウレス硫酸は洗浄力が強すぎて髪や頭皮の皮脂を完全に流してしまうため、髪にキシキシ感が出てしまいます。

それを解消するため、さらにシリコンを入れるという悪循環が安価なシャンプーには多く見受けられます。

スポンサーリンク

頭皮の皮脂は必要以上に流してしまうと自律神経が頭皮を保護するために過剰分泌します。

しかし頭皮にシリコンがついていたら皮脂が定着しませんね。

それを考えると強い界面活性剤やシリコンの入ったシャンプーは敬遠したいところですが、その代わりとして好まれているのが石鹸シャンプー。

でも石鹸シャンプーはアルカリ性ですから、弱酸性の毛髪に使用するとキューティクルが開いてしまうという欠点があることを覚えておいてください。

石鹸シャンプーを使用した際は必ずすすぎをしっかり行い、トリートメントを使ってキューティクルを締めておかないと、開いたキューティクルからCMCが流出してしまい、髪を洗うほど乾燥してしまいます。

化学合成剤が入っていないトリートメントにこだわるならクエン酸リンスがいいでしょう。

関連記事(一部広告含む):