天然成分が含まれているヘナで染色

ヘアカラーで髪を染めた人がダメージヘアを進行させてしまう理由のひとつが、生え際から黒髪が出てきて色がまだらになってしまうために、またヘアカラーで染めてしまうこと。

体内から健康な髪を育成していたら元気に育っている証拠なのに、これを染めたらまたダメージヘアの繰り返しになってしまいますね。

かといって染料を含んだヘアマニュキュアで色をつけるというのも、せっかくのバージンヘアにもったいない話。

どうしても色をつけたいということであれば、ヘナを使ってみてはいかがですか?

最近、人気を集めている天然のカラーリング剤ですね。

インドや中近東といった熱帯に自生するシコウカという植物を粉末にしたものですが、ヘナはカラーリングだけでなくタンパク質と結合する力を持っていて、髪の表面に薄い皮膜を作るトリートメント効果も認められています。

スポンサーリンク

天然100%のヘナはもちろん髪と頭皮に最適ですが、好みの色にするための配合が難しいことから天然ヘナと化学合成の成分がブレンドされたケミカルヘナが主流となっています。

パラフェニレンジアミンやニトロフェノールなどの成分が入っているので、ケミカルヘナを使う際にはパッチテストを事前に行なってください。

関連記事(一部広告含む):