高齢になっても生まれてくる髪はバージンヘア

最後に、高齢だからバージンヘアは無理、と考えている方へ。

確かに高齢化とともに毛髪の発育は衰えていきます。

これは男性の方が顕著ですが、女性も髪が痩せ細ったり頭の頂点から薄くなっていき、白髪も増えていきますね。

これは女性ホルモンの減少や新陳代謝の衰えからくるものですが、けっしてバージンヘアが育っていないわけではありません。

新陳代謝の衰えは細胞分裂が不完全に終わったり分裂の速度が遅くなることですから、まずは頭皮真皮下にある毛母細胞の活性化を行います。

メーカーが高齢者の育毛でもっとも力を入れているのが頭皮のケア、つまりスカルプケアですね。

スポンサーリンク

スカルプケアを考えたシャンプーやリンスがありますので、そういったヘアケア剤を使うのもひとつの方法。

シャンプーしながら頭皮のマッサージを行なって毛母細胞を活性化させることも育毛に役立ちます。

コシが弱くなった毛髪にはツヤを出すリンスやコンディショナーは返って逆効果になることもあるのでご注意を。

髪全体に膜を張るのでそれだけ1本当たりの髪の重量が増え、垂れ下がりやすくなります。

コーティングしないリンスを使って髪を立たせ、ボリューム感のある仕上がりを考えた方がいいでしょう。

多少、細くなってもバージンヘアには違いありません。やさしくヘアケアをして、大切に守ってあげてください。

関連記事(一部広告含む):