あなたは知ってる?韓国式美容の考え方

インターネットが普及する時代・・・。

いろんな国の情報が手にとるように分かり、調べることが出来る便利な時代になりました。

韓国で放送されているテレビもすぐにCS放送で放映されるようになり韓国の俳優、歌手のファンの方には切っても切り離せない文化の一つですね。

今でも、韓国への旅行者は多く、お土産第1位は『韓国コスメ』です。

すぐ手に届く『韓国コスメ』・・・。

スポンサーリンク

そもそも韓国で考える美容のおおもとは何だったのでしょうか?

今回は韓国式美容の根源に迫ってみたいと思います。

韓国式美容は元の漢方医学・高麗医学から発生しています。

漢方医学と聞くと「中国?」と思われる方も多くいらっしゃると思いますが、韓国での漢方医学はその中国医学から枝分かれしたものだと言われています。

ただ混同して使われることから、今では「韓医学」と呼ばれることも少なくありません。

日本では中国医学からの漢方が広がっているため、「韓医学」と言われてもピンと来ない方が多いのではないでしょうか?

こんなに韓流ブームが来ていても韓国ならではの考え方、処理方法があることはあまり知られていないかもしれないですね。

韓国の国旗(太極図)にもあるように、韓国での医学、美容は『陰陽五行』の考え方から派生するものです。

つまり、すべての症状や状態を「陰」と「陽」に分け、このバランスを保つように促し、施すのが目的となっています。

「昼と夜」「夏と冬」の様に、自然界に存在するものは全て「陰」と「陽」の2つの要素に分けられ、上手くバランスを保っているというのが定義になっており、「陰」の部分が多すぎても、「陽」の部分が多すぎてもいけないのです。

この考え方によって、韓国女性はコスメ(化粧品)や食べ物から上手に吸収して、中和された状態を保つように心がけており、化粧品をはじめ料理など全てが作られています。

「美容」と考えると、「隠す」「消す」「キレイに見せる」という言葉が並び、お金をかけたり、専門知識が必要なように思ってしまいますが、「美容の根本」は内側から改善するという考え方が、もっとも人を美しくしているのかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):