日本と韓国どう違う?整形に対する考え方

『美容大国 韓国!』

その様に言われるのには3つの理由があります。

1. 韓国女性の『美』に関する研究心

2. 古くからの『医食同源』という考え方

3. 美容整形人口が多い

なかなか公に話す事がタブー視される『美容整形』についてご紹介します。

スポンサーリンク

◆日本人の美容整形に対する考え方

日本の中で美容整形は『事故や病気などの再建整形』『美容のための整形』の2つのカテゴリーに分けられます。

『再建整形』に関しては、乳ガンなどで失った乳房を再建する手術なので、女性にとっては心に力を与える存在ですよね。

『美容整形』に関しては、アンチエイジングを目的とした整形から顔や体そのものを改造する美容手術まで幅広くあります。

しかし、『両親からもらった、その体にメスを入れるなんて・・・』という考えが根強く、公に話している人は少ないかもしれませんね。

◆韓国人の美容整形に対する考え方

昔の韓国では美容整形に対する考え方は非常に似ているものでした。

しかし、時代の中で極端な高学歴時代になってしまったのが大きな原因です。

ニュースでも伝えられている通り、大学入試に遅れそうな受験者のためにパトカーが出動し連れていくという光景は珍しいものではありません。

そんな高学歴が当たり前の世の中ですが、韓国という小さい領土の中で優良企業はごくわずかです。

高学歴な人はたくさんいても、受け入れる器が小さすぎて、溢れてしまっているのが現状です。

その厳しい就職難を打破するには一点の曇りもなく、人よりたくさんの部分が長けていなければならないのです。

仮に作りものの『美』であったとしても、生きていくためには必要なのです。

古来の考え方まで覆してしまうほど、その時代が起こす闇は、深く明ける気配すらありません。

作った『美』によって一時の平安を得ても、心の安定までは求められないものです。

顔を変えても心の『美』までは失わず輝いてほしいものですね。

関連記事(一部広告含む):