韓国女性のダイエット食

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

日本人女性がダイエットを考える際に

「どんな運動をするか?」

「1日○○カロリーで抑える」

「○○ダイエットをやってみよう」など・・・

まずは自分の今の生活を自制することを考えます。

お隣の国・・・韓国の女性たちは「ダイエットしなくては!」と思った時に、「何を食べようか・・・」ということを真っ先に考えます。

スポンサーリンク

まずは自分に足りないもの、体の中で崩れているものを見つけることが先決なのです。

その考え方が正しいのか間違っているのかは分かりませんが、今回は韓国女性が考えるダイエット食の具体例をご紹介いたします。

◆ポッサム(蒸し豚)

蒸した豚肉を白菜やキャベツなど葉もの野菜で包んで食べる料理。

日本人女性がダイエットを考える際、油分を極力カットしようとします。

しかし韓国女性たちは、油分も大切な栄養素だと考えるのです。

その油分と豚肉に含まれるコラーゲンの摂取によって、肌はみずみずしく、ハリがある状態を保たれ、便秘も解消されます。

◆コングクス(豆乳麺)

豆乳の中に、韓国冷麺の麺を入れた料理です。

韓国冷麺だけでは体を冷やしてしまいますが、コングクスは豆乳なので、大豆イソフラボンも豊富で女性ホルモンの分泌を助けます。

また麺はそば粉を使った麺なので体の中にたまった脂肪を溶解し、外に排出する役割もあります。

◆サムゲタン(鶏肉鍋・スープ)

若鶏の内臓を取り除いた後に、中にモチ米、ナツメ、栗、朝鮮人参などを詰めて、時間をかけて煮込んだ料理。

この料理は日本の韓国料理屋さんや薬膳料理屋さんで見かけたことがあるのではないでしょうか?

体にとても優しい味付けで滋養強壮には、かかせない料理です。

ダイエットで運動して疲れた体をそっともみほぐしてくれるような存在です。

いかがでしたか?

薬だけに頼らず、体の中に不足しているものを食材で補充して、体質をまるごと変えてしまうなんて、さすが韓国です!

日本では手に入りにくい食材もありますが、日本ならではの材料でダイエット食や薬膳を考えてみるのもいいですね。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク