「馬油(ばーゆ)」カテゴリーアーカイブ

馬油で断捨離洗顔法(シミ・くすみ編)

歳を重ねるごとにシミやくすみが気になって、鏡を見る事から逃げてしまっていませんか?

若いときは24時間のうち平均2時間は鏡を見ているのに対して、30歳を超えると鏡を見る時間が半分になってしまうと言われています。

やはり、自分が老いている姿は見たくないですよね。

しかし、逃げているばかりでは日に日に、そのシワが深く刻まれ歳より老いて見られてしまいます。

歳を重ねて色んな部分が老いていくのは自然の摂理であり、老いないことの方が異常なのですから、歳を重ねるごとに老いていくことを悔やんではいけません。 続きを読む 馬油で断捨離洗顔法(シミ・くすみ編)

馬油で花粉症の断捨離法

出逢いや別れがある春は、今までグレーな空にふと様々な色が見え始める季節ですが、アレルギー体質の方には辛い季節到来ですね。

最近では、花粉症だけではなく、黄砂やPM2.5など家の中に閉じこもりたくなるような感覚に襲われます。

そんな花粉症でも、鼻のムズムズだけは頭もボーっとしてしまいますし、頭が重いせいか気持ちまで重くなってしまって鬱病になってしまう方も多いほど、真剣に対策を講じなければならない病気の一つなのです。

そんな鼻のムズムズも馬油で解消出来るかもしれません。 続きを読む 馬油で花粉症の断捨離法

馬油で化粧下地の断捨離法

最近では24hコスメなどが流行しているように、24時間仕事や家事をしている時も美肌づくりを出来るミネラル系の化粧品が大変良く売れています。

皆さんも、フェイスパウダーなどミネラルファンデーションを使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そんな24時間のスキンケアの効果をもっと効率良く発揮させたいと思ったことはないでしょうか?

一番やってしまいがちなのは、ファンデーションはミネラル系でこだわっているのに、化粧下地は石油系の下地クリームや日焼け止めクリームという方も多いのではないでしょうか? 続きを読む 馬油で化粧下地の断捨離法

馬油で水虫断捨離法

気温上昇とともに、足指などに潜む水虫菌が動き出しイタズラを始め出しますが、水虫の問題は男女問わず深刻な悩みの一つだと思います。

市販薬や病院から処方された薬で一時的に治っても、またすぐに水虫が再発してしまう方も少なくはないと思います。

そんな水虫対策に大事なことは、炎症を抑え、水虫菌が暴れ出すのを抑止することが大事です。

そんな水虫対策には、水虫菌を封じ込める効果のある馬油が効果的なことをご存知でしょうか?

これは革靴が流行し始めた明治後期から伝わるもので、革靴を履く事で、湿気が靴の中に溜まりカビが発生することで、水虫に悩む武士や貴族も多かったと言われています。 続きを読む 馬油で水虫断捨離法

馬油で断捨離頭皮マッサージ法

年齢を重ねると肌だけではなく、髪の毛もやせ細り、抜け毛や薄毛に悩まれている方も多いと思います。

肌は化粧などである程度隠せますが、薄毛は簡単には隠す事ができませんし、隠すための帽子は、より一層薄毛を進行させてしまう可能性があるのです。

男女共に悩みとなってしまう薄毛は遺伝性という場合や食生活の乱れなどの原因も考えられますが、基本は頭皮の血行が悪くなり、毛根が栄養不足になってしまうことから起きる症状です。

そんな薄毛対策には栄養豊富で血行促進に効果的な馬油がオススメです。

毛根まで栄養を与える、頭皮の毛細血管は皮膚の中でも一番細い毛細血管の一つなので、ちょっとした不摂生が命取りとなってしまいます。 続きを読む 馬油で断捨離頭皮マッサージ法

中国では馬油は皮膚の万能薬

ひっかき傷や、擦り傷、切り傷など外部要因での肌トラブルに皆さんはどんな薬をつけていますか?

オロナインH軟膏、タイガーバームなど昔から家庭の常備薬の一つだった塗り薬を塗られる方も多いかもしれませんね。

そんな方も、今日から薬箱に馬油も仲間入りさせてみてはいかがでしょうか?

中国では万能な傷薬だった馬油は必ず家庭に一つ置かれていた常備薬の一つだったようです。

東洋医学でも馬油を傷薬として使ったり、傷によって起きた炎症を抑えるために馬の背油や馬肉を食させたりと、馬を使った治療は盛んに行われていました。 続きを読む 中国では馬油は皮膚の万能薬

馬油のツボ刺激で便秘解消!

馬油の効能や使い方を見ると、美肌に関する情報や傷薬としての情報がほとんどですが、馬油のツボ刺激でツボマッサージが今まで以上に効果を表すことをご存知でしょうか?

中国伝統のツボ押しマッサージでは、古くから馬油を潤滑剤として使いながらマッサージを行っていたのですが、いつの日かテレビ番組の罰ゲームとして取り上げられ、ツボ押しマッサージは痛みを我慢して施術をしてもらうものとして認知されるようになってしまいましたが、そもそもツボ押しマッサージはリンパマッサージに近い指圧マッサージの一つで臓器や脾臓をつかさどるツボがある反射区を軽く刺激するというのが、本来のツボ押しマッサージです。

ですから、ツボ押しマッサージをするために肌を傷つけないように使われた馬油でしたが、その成分がツボにダイレクトに浸透し、マッサージによってよりその有効成分が活性化することで、効果が出やすくなると言われています。 続きを読む 馬油のツボ刺激で便秘解消!

肌が弱い赤ちゃんには馬油で肌ケア

美肌づくりをしている人は「赤ちゃんのような肌になりたい!」と良く言いますが、そんな赤ちゃんの肌は大人以上に繊細で肌トラブルを抱えやすい肌質であることをご存知ですか?

赤ちゃんの肌は大人の10分の1の薄さと言われるほど、薄く、保水力によってあのハリとみずみずしさを保たれているものの、ちょっとした肌刺激ですぐに炎症を起こしてしまいます。

また、最近では妊婦であるお母さんの食生活の欧米化により、先天的にアレルギー体質で生まれる場合が多く、衣服やオムツなど肌に触れるものに、昔以上に気を使わなくてはならなくなってしまいました。

特に、オムツや沐浴などは特に肌に刺激を与えてしまうものなので、気になりますよね。

是非、肌が弱い赤ちゃんには馬油をつかって肌ケアをしてあげましょう。 続きを読む 肌が弱い赤ちゃんには馬油で肌ケア

馬油シャンプーで老廃物を断捨離

薄毛対策のために行っている馬油を使った断捨離頭皮マッサージはいかがですか?

少しフケが増えてきたり、頭が痒くなってきてはいませんか?

その症状こそが、馬油が毛根に効いている証拠です。

効果を実感するには最低でも28日はかかります。

それは人間の新陳代謝の周期と関係しており、周期のはじめからスタートすれば28日後から少しずつ効果を実感できるようになりますが、周期の中頃でスタートするとそれ以上の日数がかかりますので、最低でも3ヶ月は続けてみてくださいね。

そんな、馬油を使った断捨離頭皮マッサージをしている方に朗報です。 続きを読む 馬油シャンプーで老廃物を断捨離

暑い夏は馬油石鹸で紫外線を断捨離

夏の暑い時期は、洗顔を何度してもすぐに汗ばみ、洗顔後の爽快感を味わいたいために、ついついスキンケアが怠りがちになってしまう方も多いのではないでしょうか?

実は、夏場のスキンケア不足によって紫外線をより吸収しやすい肌にしているのです。

紫外線を吸収してしまった肌は保水力があるか否かによって、肌が焼けるかどうかを左右していることをご存知な方は少ないかもしれないですね。

干物の魚と新鮮な魚を同じ時間焼いた時に、火の通りが早く、表面が黒くなるのがどちらになるか分かるでしょうか?

干物の魚は新鮮な魚に比べて、水分が少ないので火が通りやすく、新鮮な魚の3分の1の時間で完全に中まで火を通すことができると言われています。 続きを読む 暑い夏は馬油石鹸で紫外線を断捨離

馬油を使ったぷるぷる唇で干物女を断捨離

若い頃は、いつもリップを持ち歩き、グロスを塗ってアヒル口で女子力をアップしていたのに、そういったことからも卒業し、何だか生活も見た目も干物女になっていませんか?

特に、そういったスキンケアの怠りがバレやすいのは、皮膚の柔らかい唇なのです。

唇にシミが出来ていませんか?

唇の縦じわが目立ち始めていませんか?

グロスや口紅がきちんとのってくれますか?

20歳代後半くらいから顔にシミはなくても唇にシミが出始める方は多いのです。 続きを読む 馬油を使ったぷるぷる唇で干物女を断捨離

馬油はメイク落しとしても使えるのか?

馬油の効果を実感された方は、もっともっと馬油を活かせないかとインターネットや雑誌などで馬油について調べられている方も多いかもしれませんね。

そんな方が気になるのは、「馬油はメイク落しとしても使えるのか?」という問題です。

インターネットや雑誌でも言われているように、馬油の吸収力は想像を絶する速度で吸収しますから、メイク落しを馬油ですることで、逆にメイクの肌に悪い成分を一緒に吸収してしまうのではないかということで意見が二分しています。

その意見は皮膚科医でも二分するので、とても難しい問題なのかもしれませんが、一つ言えることは、「化粧品の9割の成分は馬油によって吸収されない」ということです。

確かに、馬油の浸透力はどの薬品にも真似できないほど驚く力ですが、不必要なものを包み込む性質もあるということを忘れてはいないでしょうか? 続きを読む 馬油はメイク落しとしても使えるのか?