「美容に良い食べ物」カテゴリーアーカイブ

美白、ぷるぷる素肌に「ビタミンC」

おいしく食べて、しかも美肌になれる!

そんな食べ物たちを紹介します。

体の中からキレイになりましょう。

「ビタミンC」は、シミを薄くするなどの美白効果や、しわ・たるみを解消してくれたり、お肌をぷるぷるにする「コラーゲン」の働きを高めてくれるので、美肌・アンチエイジングにもかかせない成分です。

それではどの様に摂取するのが良いのでしょうか? 続きを読む 美白、ぷるぷる素肌に「ビタミンC」

美しい瞳と髪のために「ビタミンA」

「ビタミンA」は粘膜を作る働きがあります。

不足するとお肌がカサカサになったり、髪の毛がパサパサに痛んでしまいます。

そして目の健康にも関わっており、目を乾燥から防ぐ効果があります。

つまり、「うるうる瞳」や「しっとりヘア」美人になるために必要な成分なのです。

「ビタミンA」には、レチノール類とカロチン類の2種類があり、レチノールは、動物性食品(お肉)などに含まれていて、カロチンは緑黄色野菜に含まれています。 続きを読む 美しい瞳と髪のために「ビタミンA」

むくみやストレスに「ビタミンB1」

ビタミンB群は8種類に分類されます。

その中で、まずは「ビタミンB1」をご紹介します。

「ビタミンB1」には、糖質を分解してエネルギーに変えてくれたり、手足のむくみを解消する効果があります。

また、美肌の敵!「ストレス」を緩和してくれる効果もあるんです。

一日に摂取する理想的な量は、1日1.1mgで、豚ヒレ肉(110g)豚モモ肉 (120g)落花生 (130g)大豆 (130g )に該当します。 続きを読む むくみやストレスに「ビタミンB1」

ダイエットにアンチエイジングにオイリー肌に「ビタミンB2」

「ビタミンB2」は、美容に大活躍してくれる心強い味方。

脂質も分解してくれるので、ダイエット効果だってあります。

しわやたるみ、シミやにきび、吹き出物にも効果があり、アンチエイジング、美肌つくりにも大切な成分です。

●肌の新陳代謝(ターンオーバー)の働きを高めてくれます。

ターンオーバーとは肌細胞が入れ変わるサイクルの事。 続きを読む ダイエットにアンチエイジングにオイリー肌に「ビタミンB2」

乾燥肌やイライラには「ビタミンB6」

「ビタミンB6」は、かさかさお肌に潤いを与えてくれる働きがあるので、乾燥肌の方にオススメの成分です。

妊婦さんのつわりや、生理前のイライラなどを緩和する効果もあるそうです。

女性にはかかせないビタミンですね。

・ビタミンB6が多く含まれる食べ物

マグロ、カツオ、牛レバー、サバ、アジ、バナナ、さつま芋、にんにくなどです。 続きを読む 乾燥肌やイライラには「ビタミンB6」

貧血、健康的なお肌に「ビタミンB12」

「ビタミンB12」は、赤血球を作る働きをしてくれるので、貧血を予防してくれます。

健康的な美しい肌の色を保つためにも摂取したいビタミンです。

集中力や、記憶力を高める効果もあるんですよ。

野菜には含まれないため、短期間で痩せようと、野菜だけを食べ続ける無理なダイエットをされている方に不足してしまいます。

バランス良くきちんと食べて、健康的に美しくなってくださいね。 続きを読む 貧血、健康的なお肌に「ビタミンB12」

妊婦さん、女性の健康に必要な「葉酸」

「葉酸」は、最近TVなどでも話題になっているビタミンです。

特に妊娠初期の妊婦さんに必要で、不足すると赤ちゃん正常な発育に影響がでます。

独身の女性や、これから出産を考えている女性にも必要なビタミンです。

ビタミンB12と一緒になって、ビタミンB6を摂取する働きを促進してくれます。

「乾燥肌」が気になる方はビタミンB6とB12、葉酸を一緒にとると効果的です。 続きを読む 妊婦さん、女性の健康に必要な「葉酸」

アトピー性皮膚炎の改善、デトックス効果のある「ビオチン」

「ビオチン」は、アトピー性皮膚炎など、アレルギーを改善してくれる働きがあります。

アレルギーはヒスタミンという成分が体内に入って発生するのですが、このヒスタミンを体外へ排出してくれる働きがあるのです。

また、ビオチンには血液の流れを良くする働きがあり、美しい肌や髪、爪を守る働きをします。

血行の流れを良くして、老廃物の排泄を促してくれますので、デトックス効果も期待できます。

ビオチンが不足すると、皮膚炎を起こしたり、抜け毛、白髪が増えたり、爪がカサカサになったりします。 続きを読む アトピー性皮膚炎の改善、デトックス効果のある「ビオチン」

肌荒れ、二日酔いには「ナイアシン」

「ナイアシン」には、悪酔いや、二日酔いを予防してくれる働きがあります。

また、肌荒れにも効果的ですので、会社の付き合いなどでお酒を良く飲まれる方にオススメのビタミンです。

悪酔いや二日酔いの原因は、「アセトアルデヒド」という成分が関係しています。

「ナイアシン」は、この「アセトアルデヒド」を分解する働きをしてくれます。

二日酔いの日に、肌荒れや口内炎の症状がでやすいのはナイアシン減少するからなのです。 続きを読む 肌荒れ、二日酔いには「ナイアシン」

コラーゲンを生成し、美肌と艶やかな髪に「パントテン酸」

「パントテン酸」は、あまり耳にしないビタミンですが、美容に深く関わっているビタミンの一種で、他のビタミンや成分と協力し、とっても良い仕事をしてくれます。

皆さん良くご存知の「コラーゲン」はお肌をぷるぷるにしたり、髪の毛にハリや艶を与えてくれる働きをする成分で、多くの化粧品に含まれています。

この「コラーゲン」を合成するには「ビタミンC」が必要で、「ビタミンC」が「コラーゲン」を合成するときに必要なのが「パントテン酸」なのです。

ですから、この3つをセットで摂取するとこが大切なのです。

また、「ビタミンB2」と同じく、脂質を分解してくれる働きもあるので、オイリー肌の方にもオススメです。 続きを読む コラーゲンを生成し、美肌と艶やかな髪に「パントテン酸」

お肌や髪の毛が若返る「コラーゲン」

アンチエイジングに最も注目されている成分と言えば「コラーゲン」。

みなさんも一度は耳にしたことがあるかと思います。

「コラーゲン」は「たんぱく質」の一つで、人間に含まれる「たんぱく質」の30%はコラーゲンです。

お肌の真皮層では 90~95%を占めている成分です。

この「コラーゲン」が不足すると、老化が進んで肌がかさついたり、髪の毛の潤いも失われてしまいます。 続きを読む お肌や髪の毛が若返る「コラーゲン」

優れた保湿力で<しわ>や<ほうれい線>に効く「ヒアルロン酸」

「ヒアルロン酸」は、「コラーゲン」と同様に、もともと人間の体内にある成分です。

しかしこちらも加齢が進むにつれて合成する力が弱まり、減少してしまいます。

ヒアルロン酸は、1グラムで6リットルの水分を吸着する、とても優れた保水性を持っています。

外から取り入れなければ増えませんし、失われるとお肌に潤いがなくなり、しわやたるみ、ほうれい線などの原因になってしまいます。

しかし、摂取し続けることによって、潤い美肌がキープできるのですから、積極的に取り入れたいですね。 続きを読む 優れた保湿力で<しわ>や<ほうれい線>に効く「ヒアルロン酸」