「ソウルフード」カテゴリーアーカイブ

大阪ソウルフードは大阪人の矜持

大阪以外の地区では、関西風お好み焼き、と言うことがありますが、これは間違いです。

正確には大阪風お好み焼き、と呼ばなければいけません。

関西、と一括りにできるのは地域として固まっていることだけで、風土的にはまったく違い、京都人と大阪人は互いを一括りにされることを嫌い、神戸人はその諍いを冷ややかな目で見ています。

関東でも横浜の人間が神奈川県人と呼ばれることに抵抗を覚えるという例とよく似ています。 続きを読む 大阪ソウルフードは大阪人の矜持

大阪人が推奨する店に行く

有名な観光地に住んでいるとよく分かることがあります。

地元特産品を上手に販売する店があり、そこには観光客が大挙して押し寄せるということ。

上手に販売するというのは特産品を全国区向けにデザインし直すことです。

大阪のたこ焼きとお好み焼きも同じで、観光客にアピールの上手な店と、地元密着型の店があります。

たこ焼きやお好み焼きを食べるために、わざわざ地元大阪人は並びません。 続きを読む 大阪人が推奨する店に行く

たこ焼き器は一家に一台

なぜ大阪ではお好み焼きとたこ焼きがソウルフードになるまで広まったのでしょうか?

大阪人は勤勉なので食事を取る時間も惜しんで働いていたため、たこ焼きやお好み焼きのようにファストフード的な食事なら簡単に済ませられ、食事の時間を短縮することができたから、という説があります。

しかし江戸時代には天下の台所、今では食いだおれと言われるほど食べることに道楽を求める人が集まる大阪に、食事の時間を短縮するようなファストフードが根付くとも思えませんね。

信ぴょう性はともかく思わず納得してしまいそうな話が、家庭用たこ焼き器が安い価格で売り出されたことにより、家庭内でたこ焼き作りが流行り、鉄板部分を変えるだけでお好み焼きも家庭で焼けるようになった、という説。 続きを読む たこ焼き器は一家に一台

家庭で作る本格的なお好み焼きとたこ焼き

大阪では「お好み焼き定食」という献立が一般的な店舗で用意されています。

お好み焼きという炭水化物をおかずにしてご飯という炭水化物を食べるわけですから、運動エネルギーをたっぷりと吸収できることになります。

これ、関東や他の地域からすると首を傾げたくなる気持ちもありますが、ソース焼きそばをおかずにしてご飯を食べる風習がある地域もあるので、あながち不思議なことでもありません。

それから一般家庭の夕食がたこ焼きだけ、という慣習もあります。

夕食の支度を行う時、母親が子供たちに聞きます。 続きを読む 家庭で作る本格的なお好み焼きとたこ焼き

お好み焼き定番豚玉のレシピ

大阪人が満足するお好み焼きを作ることは大阪人にしかできませんが、他の地域の人が満足するお好み焼きは誰にでも作れます。

そこで、大阪人の定番的お好み焼きの作り方を伝授しましょう。

用意するものはキャベツと天カス、バラ豚肉、玉子、それから小麦粉。

小麦粉の代用として市販のダシ入りお好み焼き粉を使っても構いません。

意外と大阪人もこれを使っていたりします。

キャベツはお好み焼きの食感を決める、というくらい重要な具材で、切り方は粗みじんがベスト、お好みで千切りもいいでしょう。 続きを読む お好み焼き定番豚玉のレシピ

うどん県を名乗る香川の実績

讃岐うどんは香川県のブランドとなっています。

香川県庁と香川県観光協会はうどんを全面的に打ち出した「うどん県」キャンペーンまで行い、今ではすっかり全国に知られるようになりました。

人口10万人当たりにおけるうどん店舗数を調べた結果があります。

これによると香川県がトップで65.77軒。2位は意外にも福井県で45.79軒、3位は山梨県で41.06軒、東京はずっと下がって12位、千葉県が27位で神奈川県は34位と関東地方にうどん屋が少ないことが顕著に表れています(都道府県別統計とランキングで見る県民性調べ)。

ただし、この調査はうどん店に限っています。 続きを読む うどん県を名乗る香川の実績

うどんを作る最適な気候条件

讃岐地方でうどんが発達したのは気候的背景があります。

まず典型的な瀬戸内海式気候のため、日照時間が長く穀物の栽培に適していたこと、二毛作によって小麦の生産が盛んに行われたこと、雨量が少量のため製塩も行われていたこと、小豆島で醤油の生産が始まったこと、そして近隣の伊吹島がいりこの名産地だったこと。

つまり美味しいうどんを作るためのすべてが揃っていたのです。

とくにイリコで出すダシは強い下地を作るため、コシが強いと言われる讃岐うどんに負けない汁を作ると言われています。 続きを読む うどんを作る最適な気候条件

製麺所で食べる讃岐のソウルフード

今では全国に広まった讃岐うどんのセルフ形式店舗ですが、この形態、元祖は製麺所にあります。

大量に消費する一般店舗や公共施設の食堂では自家製のうどんではなく製麺所から購入しますが、その製麺所の傍らに簡易食堂を設けたことが始まり。

製品を流通させるために街道沿いなど交通の便がいいところに点在しており、人が集まる繁華街には一切ありません。

製麺所という看板こそあっても、そこで食べられると知っているのは一部の人だけなので、観光客が訪れることもありません(今ではネットによってすべて掘り起こされてしまいましたが)。 続きを読む 製麺所で食べる讃岐のソウルフード

盛岡に冷麺が広まった理由

北海道のジンギスカン、大阪のたこ焼きとお好み焼き、香川県の讃岐うどん意外にもソウルフードは日本中にあります。

盛岡の冷麺は日本で独自に発達したソウルフードです。

盛岡市内の焼肉店では昼間からの営業が多く、店内にはサラリーマンや主婦で賑わいますが、焼き肉定食を食べるのではなく、冷麺だけを食べています。

冷麺そのものは盛岡市内だけでなく各地の焼肉店でも食べられますが、なぜ朝鮮半島産の冷麺が盛岡だけで人気が盛り上がったのでしょう?

事の起こりは1954年まで遡ります。 続きを読む 盛岡に冷麺が広まった理由

鍋料理は寒い地方のソウルフード

東北地方や北海道では魚介類を使った鍋料理が多くあります。

厳寒を乗り切るために、体の芯から温まる鍋料理は冬に欠かせない食べ物だったのでしょう。

また味噌を使うことによって塩分を多めに取り、血圧を上げて体温を保つという寒さ対策もありました。

しかも鍋料理には栄養素がたっぷり入っています。

味噌をベースにしているからビタミンやミネラルが豊富に含まれており、原料となった大豆はタンパク質と必須アミノ酸の宝庫。 続きを読む 鍋料理は寒い地方のソウルフード

うどんでも鍋でもなくほうとう

同じ鍋料理でも山梨のほうとうになると作り方も事情も違ってきます。

ほうとうは水分を加えた小麦粉を練り、生地状にして包丁で幅広に切ったものを味噌ベースの出汁に入れて野菜と一緒に煮込む鍋料理です。

うどんと何が違うの?

そう思われがちですが、生地から切る段階においてグルテンが発生していないため、まず、うどんのようなコシがありません。

それから生の状態で煮込むため小麦粉の一部が溶けて汁全体にトロミがつきます。 続きを読む うどんでも鍋でもなくほうとう

魂を揺さぶられる発酵食品

ソウルフードにはプリミティブな魂を呼び覚ます料理、という解釈もあります。

この解釈には黒人奴隷時代、なんとかして生き延びようとした希望の糧でもあったソウルフードを今再び食することによって、当時のポジティブな気持ちを忘れないようにする、という意味が込められています。

もちろん、日本にはそこまでインパクトのあるプリミティブな魂はありませんが、インパクトのある郷土料理は存在し、その味覚からしばらく遠ざかっていると無性に食べたくなる、あるいは郷土に戻ってその料理を味わうと帰った気がする、または郷土から離れている時に、その味覚を味わうとホームシックになってセンチメンタルな気分になる、という例はあります。 続きを読む 魂を揺さぶられる発酵食品