「プラセンタ」カテゴリーアーカイブ

プラセンタ療法ってなに?

プラセンタとは、母親から胎児へ酸素や栄養分を送る大切な働きをする胎盤のことです。

胎盤には、タンパク質をはじめミネラルやビタミン、糖質、アミノ酸など、生命を育み維持するための各種栄養素が豊富に含まれています。

栄養の宝庫ともいわれるプラセンタには、活性酸素の除去や細胞を活性化させたり、自律神経の調整をしたりと、体本来の生理機能を高める働きがあります。

もともとは、肝炎や肝硬変などの治療にのみ使われていたプラセンタですが、自律神経やホルモンのバランス調整、新陳代謝の促進や免疫力のアップなどにより、治療を受けた患者さんから「体が楽になった」「肌にハリが出てきた」などの声を聞くようになりました。 続きを読む プラセンタ療法ってなに?

プラセンタの効果につい

プラセンタは昔から医療用として広く使われてきました。

肝臓の治療薬として用いられていることは有名ですが、さまざまな研究や患者さんの経過などから、最近ではあらゆる効果があるとされています。

プラセンタとは「胎盤」のことです。妊娠をすると、母親は自分のお腹の中で十月十日という月日をかけて赤ん坊を育てます。

その期間、胎盤はへその緒を通じて、酸素や栄養分など赤ん坊の成長に必要なものを作り出します。

生命を育み、維持するために必要なあらゆる物質が豊富に含まれた臓器といえます。 続きを読む プラセンタの効果につい

プラセンタの驚くべき美容効果

「アンチエイジング」という言葉は誰もが耳にしたことがあるでしょう。

少子高齢化がクローズアップされる中で、アンチエイジングという考え方も大きく注目をされてきました。

アンチエイジング(Anti-aging)とは、日本語に直訳すると「抗老化」「抗加齢」となります。

加齢にともなう症状の予防と治療の意味で、時計の針を止めるのではなく、進み方を少し遅くするというものです。

したがって、美容や若返り、疲労回復などの健康面でも効果のあるプラセンタは、アンチエイジングにとっては欠かすことのできない必須アイテムとも言えます。 続きを読む プラセンタの驚くべき美容効果

プラセンタのさまざまな効用とは?

50年以上も前から、肝臓や更年期障害の治療薬として使われてきたプラセンタですが、最近では美容やアンチエイジングにも効果的だとして、年々人気が出てきました。

プラセンタは「胎盤」のことで、母親から胎児へと酸素や栄養分を与える大切な役目をしています。

生命を育む機能を持つプラセンタには、タンパク質をはじめミネラルやアミノ酸、ビタミン、酵素、ペプチドなどのさまざまな栄養分が豊富に含まれています。

医療面ばかりでなく、美白・美肌効果といった美容面でも有効なプラセンタですが、シミ、シワ、吹き出物などの肌の3大トラブルにも威力を発揮します。 続きを読む プラセンタのさまざまな効用とは?

プラセンタ点滴ってなに?

プラセンタ治療として一般的に知られているのが「注射」によるものです。

注射の頻度は、患者さんの体調やスケジュールもよりますが、理想的には最初の1カ月に週1〜2回の割合での治療が効果的とされています。

所要時間はほんの数分で終わってしまいますので、仕事帰りや買い物の途中で立ち寄る患者さんが多いのです。

プラセンタの点滴の場合は、血液中に直接注入することになりますので、注射に比べてかなりの即効性があります。

プラセンタは過剰に摂取しても尿として排出されてしまいますので、体に影響はありませんが、点滴の場合、プラセンタ注射薬とビタミンB群、C群を中心とした美容にも効果のあるビタミン類を配合したものを使用します。 続きを読む プラセンタ点滴ってなに?

プラセンタ注射が注目される理由

昭和20年代に、旧ソ連や中国から伝わってきたといわれるプラセンタの治療法ですが、その頃、日本では「胎盤埋没療法」が行われていました。

この治療法は、麻酔をかけて皮膚を切開し、胎盤を埋め込んで縫合するという何とも原始的な方法で、プラセンタの恩恵にあずかろうとした療法です。

しかし、旧ソ連や中国から伝わってきた注射によるプラセンタ注入法は、胎盤埋没療法に比べ、麻酔や切開なして注入できる画期的な治療法として一躍注目されました。

治療も安全性が高く、しかも簡単なので、多くの医師たちがこの治療法を取り入れました。 続きを読む プラセンタ注射が注目される理由

プラセンタ注射ってどこにするの?

若返りや美肌効果だけでなく、疲労回復や肩こり、腰痛、発毛促進や更年期障害にまで効果のあるプラセンタ治療。

でも、プラセンタ治療っていったいどんなところに注射をするのかしら?痛くはないの?副作用は大丈夫なのかしら?と気になることだらけでしょう。

プラセンタの注射には、筋肉注射やツボ打ち注射、静脈注射に皮下注射などの種類があります。

注射をするのは腕やお尻になります。 続きを読む プラセンタ注射ってどこにするの?

更年期障害にも威力を発揮するプラセンタ

日本人の平均閉経年齢は50歳だと言われていますが、最近では早い人では30歳代から「更年期障害」の症状が出始めるケースもあります。

では、更年期障害ってどんな病気なのでしょうか?

更年期障害は、一般的に閉経前後の約10年間、卵巣の機能が衰え始め、性女性ホルモンが急激に減少することで起こる病気です。

閉経が平均50歳とすると、前後の10年ですので45〜55歳ぐらいが更年期と言えます。

症状としては、頭痛やめまい、肩こり、イライラ、うつ気分、のぼせ、発汗、息切れ、冷え症、食欲不振、不安感、疲労感、下痢、腰痛、頻尿などさまざまです。 続きを読む 更年期障害にも威力を発揮するプラセンタ

プラセンタの原液効果

更年期障害の改善ばかりでなく、自然治癒力、免疫力のアップ、活性酸素の除去などによるさまざまな病気の改善や予防にも効果があるプラセンタ。

最近では、美容効果が注目され、美を追求する女性たちからも歓迎されている成分です。

プラセンタの美容効果としてよく知られているのが「美白作用」です。

しかも、厚生労働省からも美白成分としてプラセンタが認可をされているお墨付きというわけです。

そんなに美白効果のあるものなら、原液を直接つけてはどうかしら?美白願望の強い女性なら、プラセンタに対してそんな疑問を持つことでしょう。 続きを読む プラセンタの原液効果

飲むプラセンタの効果って?

美容にも健康にも最適のプラセンタ。注射や点滴以外にも手軽に体に取り込む方法はあるのでしょうか?

現在、市販されているものの多くは固形のサプリメントですが、最近ではプラセンタドリンクが出回るようになってきました。

先端技術を駆使し液体タイプになっていますが、やはり固形よりも吸収の速さという点では大きなメリットになります。

発売当初は、独特の臭いがあり、飲みにくいという声が多くありましたが、今ではフルーティな甘みを加えたりなどの改善をし、だいぶ飲みやすくなっています。 続きを読む 飲むプラセンタの効果って?

プラセンタを使っている芸能人って?

プラセンタは英語で「PLACENTA」と書き、胎盤のことを意味します。

胎盤は、母体から胎児へと酸素や栄養を運ぶ大切な働きをしています。

また、胎盤にはさまざまな生理機能もあり、アミノ酸やタンパク質、ビタミン、核酸、ミネラル、酵素などの各種栄養成分で構成されています。

これらの成分が、さまざまな病気にも効果があるばかりか、美容の面でも一流の化粧品メーカーや高級エステサロンなどでも導入するほど高い評価を得ています。 続きを読む プラセンタを使っている芸能人って?

杉本彩プロデュースのプラセンタドリンク

抜群のプロポーションと大人の色気で男性たちだけでなく、女性の憧れでもあるタレントの杉本彩さんもプラセンタの愛用者です。

その杉本さんがプロデュースしているのが、「信州会クリニック」の永井院長と共同開発したプラセンタドリンクです。

もともとは杉本さん自身がプラセンタを使い、その効果のほどを実感し「わたしの信頼する好きなものを、他の女性たちと分かち合いたい」という思いから生まれたのが、飲むスキンケアのプラセンタドリンクなのです。

お腹の中の赤ちゃんとお母さんを結ぶ役目が「プラセンタ」と呼ばれる胎盤です。 続きを読む 杉本彩プロデュースのプラセンタドリンク