「貯金術」カテゴリーアーカイブ

貯金は収入に関係ない

貯金はありますか?

したいのだけれど、なかなか貯まらない、という人も多いでしょう。

しかし、貯金はしておいた方がいいはず。

いつ何時、何があるかわかりません。

勤めている会社が倒産になってしまう可能性も、自分や家族が病気になってしまう可能性もあります。

そんなときのために、貯金はあった方がいいものです。 続きを読む 貯金は収入に関係ない

使った残りを貯金しても貯まらない?

毎月の収入から必要な分だけ使い、残りは貯金する。

そうすれば無理なく貯金できると思っている人が多いようです。

しかし、それでちゃんと貯金はできていますか?

余った分を貯金にしようとしても、それほど余らなかったり。

つい出費がかさんで、今まで貯めたお金を使ってしまったりもします。

そうして、結果的に貯金ができないという人が多いのです。

それは収入が20万円でも、30万円でも同じです。

人は、その収入に合った生活をしがちです。 続きを読む 使った残りを貯金しても貯まらない?

家計簿をつけてみよう!

目標額を設定したら、あとはコツコツ貯めるだけです。

『よし、今月から月収20万円のうち、8万円を貯金に回そう』

……できますか?

正直、厳しい設定ですよね。

必ずしも無理な訳ではないのですが、毎月、どれぐらい出費があるか把握していますか?

家賃や食費、光熱費など、節約してもどうしても削れない出費はあります。

それらを引いても、できる貯金額でしょうか? 続きを読む 家計簿をつけてみよう!

節約を貯金に繋げるコツ

家計簿をつけるようになると、どこを削れるのかわかってきたはずです。

お昼に外食していたのをお弁当にしたり、無駄につい買ってしまうお菓子を控えたり、ビールを発泡酒にしてみたり。

そのように少しずつ節約すれば、貯金できる額が増えていきます。

ずっと節約していると『何のためにこんなことをしているんだろう』と少しめげてしまうこともあるかもしれません。

しかし、貯金のためと思えれば、節約するのにも張りが出てきます。

『お昼を200円節約できたから、その分を貯金しよう』 続きを読む 節約を貯金に繋げるコツ

買ったつもりで賢く貯金

貯金でよく聞くのが『買ったつもり貯金』です。

言葉の通り、買おうと思ったものを買わずに、その分を貯金に回す、という貯金術です。

例えば、ちょっと喉が渇いてジュースを買おうとしたけれど、水道の水で我慢した場合。

ペットボトルのジュースなら買わなかったことで、150円の出費が抑えられました。

正確には水代が若干かかりますが、それは気にせずに150円の貯金をします。 続きを読む 買ったつもりで賢く貯金

結構な貯金になる500円玉貯金術

『500円玉貯金』もよく聞く貯金術の一つです。

その日の終わりに財布の中に500円玉があれば、それを貯金する、というものです。

500円という硬貨の中で最も高額なコインのため、一年も続ければ意外と多く貯まります。

毎日貯めれば18万円、二日に一度でも9万円も貯金ができるのです。

毎日1,000円は厳しくても、500円ならできそうな気がしてきます。

中が見える貯金箱の方が、貯まっていく楽しみもあっていいかもしれません。 続きを読む 結構な貯金になる500円玉貯金術

つい使ってしまう人は給与から天引きで貯金

お金があると、つい使ってしまう人、結構いるかと思います。

なるべく貯めようと思っていても、余計な物などを買ってしまう。

自分の稼いだお金なのだからいいじゃないか、と思っていたら貯金は増えません。

では、お金があるから使ってしまうのであれば、最初からなければいいのではないでしょうか?

銀行では、毎月給与から天引きで貯蓄できる預金があります。

毎月決まった額を給与から引き、預金に回してくれます。 続きを読む つい使ってしまう人は給与から天引きで貯金

財形貯蓄で給料を天引きして貯金

財形貯蓄というのを聞いたことがありますか?

財形と呼ばれるこの制度は、勤労者財産形成貯蓄制度というものです。

これは会社が金融機関などと提携をして、月々の給与やボーナスから天引きをし、お金を貯めるシステムです。

会社が行っているのであれば、正社員だけではなく、契約社員やパート社員なども利用することができます。

この財形ですが、『一般財形貯蓄』『財形年金貯蓄』『財形住宅貯蓄』の三種類があります。 続きを読む 財形貯蓄で給料を天引きして貯金

貯金のために、なるべくカードは使わない

カード払いが多い人は、なかなか貯金が貯まらないようです。

現金の管理はできていても、カードでいろいろと買っていたら意味がありません。

カードは実際のお金のやり取りではないので、つい気軽に使ってしまいます。

しかも、そのときに手持ちがなくても買えてしまうので、衝動買いしやすいのです。

さらに分割でも払えるので、今お金がなくたって買えてしまいます。 続きを読む 貯金のために、なるべくカードは使わない

貯金のために、電子マネーは使わない

おサイフケータイやSuicaなどの電子マネー。

便利なので、使っている人も多いかと思います。

これがあれば、小銭がなくてもちょっとした買い物もできます。

コンビニでの買い物、自動販売機、食事などでも使えるお店も増えてきました。

おサイフケータイなら電話代と一緒に引き落とされ、Suicaでもクレジット機能が付いているものならチャージ不要で使用できます。

もう既に一般的なものになったと言ってもいいでしょう。 続きを読む 貯金のために、電子マネーは使わない

食費・日用品は賢く安く最安値を目指して

どうしても必要な出費の一つが、食費などの日用品でしょう。

どうしたって毎日食事は摂りますし、消耗品などもなくなれば買い足さなくてはいけません。

いくら抑えても限界があります。

しかし、賢く買い物をすれば、ある程度は抑えられます。

三ヶ月ほど家計簿を付けると、何に幾らかかっているのか、大体わかってくるはずです。

お米はどれぐらいのペースで買っているか、消耗品はどれぐらいでなくなるのか、そういったこともわかるでしょう。 続きを読む 食費・日用品は賢く安く最安値を目指して