「夏のスキンケア」カテゴリーアーカイブ

夏の紫外線

夏の紫外線ケア、始めてますか?

紫外線とはオゾン層を突き抜けて地球に届く太陽光線で、「赤外線・可視光線・紫外線」の3種類があります。

そして、紫外線はAとBとC波の3種類に分かれます。

紫外線Aは、一年中、雨や曇りでも常に降り注いでいます。

浴びても直ぐに肌が赤くなったりしないので、お肌にダメージは無いと思いがちですが、実は、とってもお肌に悪影響を及ぼす美肌の敵なのです。 続きを読む 夏の紫外線

UVの表記、「SPF、PA」の意味について

日焼け止めを選ぶとき、「SPF○、PA+」と記載されていますが、この「SPF」や「PA」は、どの紫外線に効果があるのかご存知でない方も多いと思います。

「SPF」の数字の表記が高ければ効果が高いのだろうと予想はつくのですが、では「PA」は・・・?と疑問に思っている方のために、簡単にご説明します。

まず、私たちが生活している環境で、届いている太陽光線の紫外線には「紫外線A」と「紫外線B」あります。

「PA」は、一年中降り注ぐ、しみやしわの原因になりやすい「紫外線A」に効果があります。

皮膚の奥の真皮まで届くため、どれだけ浸透を防止できるかを、「+」の数で示すものです。現在では「PA+++」が一番効果が高い商品です。 続きを読む UVの表記、「SPF、PA」の意味について

口コミで話題の日焼け止め

今、口コミで大人気の日焼け止めをご紹介します。

ニベアサンの「プロテクトウォータージェル SPF30」です。

夏のお肌は汗がたくさん!だから保湿はしなくても大丈夫だと思っている方も多いと思いますが、汗で潤いが蒸発してしまいますので、洗顔などでお肌を清潔にする事と、保湿がとても重要なのです。

今までも日焼け止めは、UVカット効果は優れていても、「ベタベタ」したり、刺激が強くてお肌が「ぱりぱり」してしまったりと、お肌への負担も大きかったのですが、「プロテクトウォータージェル」は、ジェルタイプで水の様なしっとり感。

そして伸びも良く、お肌に優しく溶けて、化粧水感覚で使用できると評判の日焼け止めなのです。 続きを読む 口コミで話題の日焼け止め

エイジングケア効果もある日焼け止め

30歳からのエイジングケア効果も備えた日焼け止めが人気ランキングの上位にランクインしています。

従来は、紫外線をカットする効果に力を入れていた日焼け止め化粧品が多かったのですが、今はプラスして美容効果も優れている商品がたくさん開発されています。

その中でも、今、世界的に人気の日焼け止めをご紹介します。

ロレアルパリの「リバイタリフト UV ブロック BBS、PF50/PA+++」です。

顔用の日焼け止めで、BBクリームの日焼け止めなのです。 続きを読む エイジングケア効果もある日焼け止め

美白とUVケア効果のある、日焼け止め美容液

紫外線はしっかりカットして、美容効果の高いものを使用したいというユーザーが多い中、美白の成分も配合した日焼け止めが登場しました。

資生堂の「エリクシールホワイト&プロテクター、PF50/PA+++」です。

この商品は、美白成分「m‐トラネキサム酸」を配合しています。

「m‐トラネキサム酸」は、「シミ」の原因になる「メラニン」を作る「チロシナーゼ」の働きを抑制する働きがあり、「シミ」の原因の原因まで浸透して、防いでくれる美白効果の高い美容液です。

そして美容液の日焼け止めなので、「コラーゲン」など保湿成分もたっぷり含まれています。 続きを読む 美白とUVケア効果のある、日焼け止め美容液

夏は帽子や手袋も活用し、髪と肌を紫外線から守る

日焼け止めもしっかりつけたのに、帰宅後にお肌が赤くなってしまう・・。

日本には四季があり、年中暑いわけではなく、紫外線の免疫もそれほどついていません。

ですから、人のお肌はとてもデリケートです。

真夏の有害な紫外線Bは、日焼け止めを塗っても、お肌に完全にバリアを張ることはできません。

そこで、UVカットできる、日傘や防止、手袋なども合わせて使い、少しでもお肌への負担を和らげましょう。 続きを読む 夏は帽子や手袋も活用し、髪と肌を紫外線から守る

「シミ」のできるメカニズム

どうして「シミ」はできてしまうのか?

私たちが、普段生活している中で、太陽光線の「紫外線A」と「紫外線B」の2種類の有害な光を浴びています。

私たちのお肌は、地層のように何層も細胞が重なって出来ています。

そして、下から上へと、常に新しい肌細胞が作り出されて、入れ変わっています。

とくに「紫外線A」はお肌の奥の層、真皮まで届く紫外線で、「メラノサイト」という、お肌を作る指示を出している部分まで届きます。 続きを読む 「シミ」のできるメカニズム

メラノサイトまで浸透し、「シミ」を消す美容液

TVCMでお馴染みの資生堂の美白美容液をご紹介します。

「HAKU、メラノフォーカス」です。

歯の美白などにも使用されている成分、資生堂の美白成分「m‐トラネキサム酸」が、直接「シミ」を作る指令を出しているメラノサイトまで浸透し、「チロシナーゼ」という「シミ」を実際に作っている酸化酵素へ「シミ」を作らせないように働きかけます。

「シミ」を作っている場所へ直接働きかけるため、出来てしまった「シミ」はもちろん、紫外線をたっぷり浴びてしまった日の夜のお手入れに使用すると、作る予定だった「シミ」もできなくなります。

「シミ」を作る情報を消してくれます。つまり紫外線を浴びていなかった事にしてくれるのです。スゴイ! 続きを読む メラノサイトまで浸透し、「シミ」を消す美容液

口コミで話題の保湿効果の高い美白美容液

たくさんの美白美容液が発売されて、どれを買ったら良いのか・・悩みますよね。

CMなどで宣伝している最新の美白も興味深いですが、できれば満足度の高い化粧品の方が効果が期待できるような気がします。

今、口コミで人気の高い美白美容液と言えば、コ-セ-の「コスメデコルテ・ホワイトロジスト」です。

「コウジ酸」という成分が、「シミ」を作らせるプロセスを無効にしてくれます。

そして出来てしまった「シミ」を薄く消すだけでなく、お肌全体のくすみも改善し、お肌全体がワントーン明るくなると評判です。 続きを読む 口コミで話題の保湿効果の高い美白美容液

「シミ」と「毛穴の黒ずみ」ダブルで美白する美容液

「毛穴の黒ずみ」やお肌全体の「くすみ」までも美白してしまう優れもの。

カネボウ化粧品の「トワニー・エスティチュードホワイト、ポーラスクリアセラム」です。

プラスして、美白有効成分ビタミンC配合で、「シミ」を作っている「メラノサイト」へ浸透し、「シミ」を作らせないように働きかけ、「シミ」を薄くしたり、消したり、新しく作らせないようにしてくれる効果もあるそうです。

お肌に毛穴の黒ずみができてしまうのは、洗顔で落としきれなかった皮脂の汚れが、毛穴に詰まり、黒ずんでしまうためです。

黒ずみを除去するには、余分な皮脂をコントロールして、黒ずみの生成を抑えることが必要です。 続きを読む 「シミ」と「毛穴の黒ずみ」ダブルで美白する美容液

美白ラインのブランドたち

夏こそ美白!

いつもワンランク上の透明感のある肌をキープしたい。

そんな方には、洗顔から保湿まで、同じメーカーの化粧品の美白ラインを使用するとより効果的です。

美白ブランドで愛用者も多く人気なのが、コーセーの「雪肌精」です。

和漢植物エキスを配合し、お肌に優しく、「シミ」や「くすみ」を改善し、お肌自ら健康な肌を生成できるように自然治癒力を高め、透明感のある潤いたっぷりの素肌へと導いてくれます。 続きを読む 美白ラインのブランドたち

夏の洗顔はとっても大切

夏のお肌はやっかいです。

暑さでTゾーンはべたべたと皮脂がたくさん出て油っぽくなり、そうかと思えば、有害な紫外線をたくさん浴びて、お肌は乾燥し、水分が蒸発してカサカサになったり。

朝のお化粧はどろどろと溶けて、夜帰宅する頃には別人に・・

いつものケアだけでは美肌をキープできない夏。

夏には夏のスキンケア方法で、快適に過ごしたいですね。 続きを読む 夏の洗顔はとっても大切