セルライトの原因は?

セルライトは、思春期以降の女性のほとんどに見られるもので、原因としては、皮下組織の血行不良といわれています。

原因をしっかりと知ることで、セルライト予防、また除去ができるようになります。

セルライトの原因、皮下組織の血行不良といってもちょっと難しいですよね。

人間の身体には、体液というものあります。

血液やリンパ液が、その体液にあたります。むくみ、というのも、女性の大きな悩みですが、このむくみこそが、体液が停滞している状態、つまり、皮下組織が血行不良を起こしている状態です。

スポンサーリンク

夕方になると、足がむくんで辛い、靴が入らない、といった女性多くないですか?

それは、血行不良、体液の停滞によるものです。

血液中を流れてきた脂肪は、リンパ液に抽出されます。

リンパ液からリンパ節でそうしたいらないものは除去されるはずのものです。

でも、停滞が起こっている場合、この処理ができなくなってしまいます。

血液中に残ってしまった脂肪は、脂肪細胞としてリンパ液の中でろ過できなかった老廃物と結びつきます。

そして、できてしまうのが、セルライトという脂肪が練り固まったような塊。

これがセルライトの原因といわれています。

セルライトは、普通の脂肪とは違い、硬いです。

ぎゅっと握ると、まるでオレンジの皮のようにでこぼこしていますから、すぐに判断できます。

冷蔵庫の片隅に取り残されたバター、まさしく、これを想像していただければ、ぴったりです。

セルライトは、このように、むくみ、体液の停滞によって作られてしまうのです。

原因がわかれば、今度は対策ですよね。

関連記事(一部広告含む):