セルライトのマッサージは、ちょっと痛い

セルライトのマッサージは、普通の脂肪もみ出しや、リンパマッサージなどの、「気持ちがいい」というマッサージでは解消されません。

固まった脂肪、セルライトは、先ず、溶かすように、揉みだすことが大切。

運動はセルライトが柔らかい普通の脂肪になってから。

セルライトマッサージを行う前に、ちょっと、伝えて起きたいこと。

それは、「頑張りすぎてはだめになる」ということです。

スポンサーリンク

継続することは非常に大切なことですが、一気にやりすぎたり、強くやりすぎたりすれば、痛くて続かないですし、うっ血してしまい、かえってひどくなる場合もあります。

セルライトは、リンパの流れに沿って揉み解します。

ただ、普通のリンパマッサージのようにやさしく、というのではなく、すこし強めにもみだします。

方向としては、足先から心臓に向かって、という方向。

ふくらはぎなら、アキレス腱の上辺りから心臓のほうに向かって、マッサージしていきます。

揉み方は、ちょっと強めに上に向かってもみます。

セルライトのマッサージ用の道具も、かなり安くてに入りますので、ドラッグストアなどで購入できますよ。

おなかの場合は、時計回りにぐるぐるとマッサージ、すこし痛いなというくらい、マッサージを行います。

継続的に行っていると、だんだんと柔らかくなっていくのを実感できます。

セルライトマッサージのポイントは、半身浴で身体を温めてからおこなう、ということ。

身体を洗うときに一緒に行うと、痛みも半減します。

暖めて、溶かして、マッサージ、という感覚ですね。

関連記事(一部広告含む):