セルライトはお腹にできると辛い

セルライトはお腹にできると辛いんです。

なぜかというと、セルライトのマッサージは、リンパマッサージのように、癒し系マッサージとは異なるからです。

リンパマッサージの場合、心地よく気持ちのいいマッサージですが、セルライトは固まった脂肪、特殊な脂肪になってしまっているものですから、当然そういった癒し系のマッサージではとることができません。

多少痛みを感じるようなマッサージが必要になります。

スポンサーリンク

ぎゅうぎゅうともむ必要はありませんが、ある程度痛いかな?というくらいのマッサージが、セルライトマッサージです。

そうなると、わかりますよね?お腹って、普通の柔らかい脂肪でも、つまむと痛いんですよ。

とても敏感な部分がお腹です。

セルライトがお腹にできると、辛い。そう、お腹にできたセルライトをマッサージするというのは、辛いことになってしまうのです。

だからこそ、お腹にはつけたなくないのが、セルライトですよね。

でもできてしまったものは、お風呂でよく温まり、ボディソープをたくさんつけて身体を洗った後、行ってください。

身体が多少なりとも温まっている状態であれば、痛みも半減します。

時計回りにおへその周りをマッサージしましょう。

セルライト除去用のセルローラーがあるとよりいいですね。

(あのikkoさんが使用しているものなど)なければ、ストッキングにビー玉を入れて、それでぐるぐるするといいですよ。

お腹へのセルライトはなるべくつけないような努力が必要です。痛い思いをしなくても済みますから。

関連記事(一部広告含む):