インスタントラーメンをおいしく食べる方法

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

家庭で作る簡単料理の代表格といえばインスタントラーメン。

麺文化は中国から渡ってきましたが、今やラーメンは完全に日本独自の食文化となり、日本で生まれた即席麺、インスタントラーメンは世界に輸出されている食品となっています。

小腹が空いた時、あるいはお昼を簡単に済ませたい時など、家庭では重宝する食品でもあります。

最近のインスタントラーメン、生麺に近い感触を持っていてよくできています。

だからといって、袋に入っているレシピそのままで作っていませんか?

このインスタントラーメン、一工夫するだけでずっとおいしくなるのです。

スポンサーリンク

麺は約80gあり、60%が糖質ですからかなり栄養価が高い食品ですね。

ヘルシーに食べるなら、この麺を一度茹で、半分にして使い、残りは冷凍にしましょう。

半分じゃお腹いっぱいにならないって?

では残りの半分、野菜を補充してはいかがですか?

冷蔵庫に残っている野菜、キャベツやもやしや人参、ピーマン、タマネギなどを細く刻み、フライパンで炒めます。

軽く炒めたら鍋にどんぶり一杯分の水を入れて野菜を煮ます。

野菜が煮えてきたら粉末スープで味付けをしてもいいし、醤油、酒、砂糖や味噌で味付けをしても構いません。

茹でた半分の麺をどんぶりに入れ、煮立った野菜を上に乗せてスープを注ぐだけで、インスタントとは思えないラーメンが完成します。

野菜がたっぷり入っているのでビタミンや食物繊維を豊富に取れますし、麺が半分なので糖質過多も避けられます。

カロリーを気にしないのであれば、バターやコーンなどトッピングにも一工夫したいところですね。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク