包丁のランクは惜しまずに高価なものを

毎日の家庭料理で使う調理器具といえばなんといっても包丁。

一家に一丁(一挺とも。一本ではありません)は必ずあるはず。

肉も野菜も切れる三徳包丁と言われる類の包丁がポピュラーですが、できれば包丁は肉、野菜、魚用の3本を揃えておきたいところ。

肉を切る包丁は牛刀と呼ばれる刃渡りが長い包丁ですね。

刃渡りが長いので力をさほど入れなくても刃先をスライドさせることで厚みのある肉を切ることができます。

野菜用は三徳包丁でも構いませんが、和製の薄刃包丁を用意すると野菜を刻むだけでなく大根のかつらむきができるなど用途は大きく広がります。

魚用は小さな出刃包丁でも短めの刺身包丁でも構いません。

スポンサーリンク

魚用の和製包丁は日本独特の形状で片刃になっていることが特徴です。

魚を捌く時、片刃だと魚の骨に沿って捌くことができ、骨からできるだけ身を離すための知恵が機能となった包丁です。

これら3本の包丁、もちろんステンレス製でも構わないのですが、包丁は一般家庭において一生モノといえるほど長持ちする道具です。

できれば和製の合わせ包丁といった高価な包丁をお勧めします。

高価できれいな包丁を持つと、自然と料理をすることが楽しくなるはずですから。

関連記事(一部広告含む):