冷凍コロッケを上手に揚げる方法

トンカツだけでなく、冷凍モノのフライを家庭で上手に揚げることができない、という人がいます。

とくに冷凍のクリームコロッケ。

何度か挑戦はしたけれど、必ずパンクして中身がはみ出してしまうという経験は家庭料理をしている人ならば必ずあるはず。

理由は2つ。

ひとつは油の温度管理ができていないこと。

もうひとつはコロッケの表面についている霜を完全に取り払っていないため、熱した油が水を弾くために表面が破れてしまうこと。

この2つを解決すれば冷凍コロッケを上手に揚げることができます。

スポンサーリンク

そのためには、まず冷凍コロッケを冷凍庫から出して、常温状態にしておきます。

この常温状態にできず、すぐに揚げる時は電子レンジで少し温め、表面が柔らかくなる程度にしておきます。

冷凍コロッケが常温に近い状態になると表面は霜が溶け、パン粉が湿ってくるので、そのまま新しいパン粉を表面につけることがコツのひとつ。

油の温度はやや高め、160~170度ぐらいにしておきます。

中が冷たい状態で油の中に入れれば当然、油の温度は一気に下がるので、温度を一定に保つために170~180度に熱した油を用意し、温度が下がったらこの油を足します。

後は忙しなくコロッケをいじらず、やさしくコロッケを回転させて表面がまんべんなくキツネ色になったら完成です。

関連記事(一部広告含む):