簡単な炒り豆腐の作り方

西洋風家庭料理の定番、ハンバーグをヘルシーに仕上げるために炒り豆腐が出てきたので、和食のおかずになる炒り豆腐の作り方をご紹介しましょう。

雪平鍋に出汁を1/3ほど張り、醤油、砂糖、ミリンを適量入れます。

豆腐に味を染みこませるので薄めの味付けにしておきます。

具はお好みで構いません。人参や筍、戻した干し椎茸、枝豆や小松菜など冷蔵庫にある残った野菜や切れ端でも十分な具材になります。

鶏肉やベーコンといった肉類を使う人もいます。

具材は炒り豆腐と同じ大きさになるよう、賽の目に切っておきます。

最初に固めの具材や肉類など火の通りにくい具材を雪平鍋に入れ、後は木綿豆腐を適量入れ、木綿豆腐の水分を飛ばしながら出汁を染みこませるまでかき回すだけです。

スポンサーリンク

小松菜など熱によって早くしんなりするものは完成間近に入れてください。

完全に水気を飛ばさず、豆腐がしっとりとした辺りで完成です。

炒り豆腐の具材は応用が可能で、春には菜の花やゼンマイなど山菜を、夏にはニガウリを薄く切って塩もみして入れ、秋から冬にかけてはエノキ茸やしめじなどキノコ類を入れれば季節感のある料理になります。

仕上がった時の彩りまで考えて具材を選ぶと見た目にも美しい料理になりますね。

関連記事(一部広告含む):