海老チリソースをより豪華にする方法

家庭で食べられる中国料理で人気のメニューといえば、酢豚や回鍋肉(ホイコーローですね)、青椒肉絲(チンジャオロースです)などと並んで海老チリソースも挙げられます。

でも、このなかでもっとも食材に費用がかかってしまうのが海老チリソース。

冷凍エビを少量しか使わないと貧弱な料理になってしまいます。

そこで少量の海老でも豪華に、ボリュームのある海老チリソースになる方法をご紹介します。

用意するのはワンタンの皮と熱した油だけ。

フライパンに170~180度に熱した油を用意しておきます。

スポンサーリンク

次にワンタンの皮、15枚ぐらいを5mm幅ぐらいに切り、熱した油に入れます。

すぐに揚がるので、キツネ色になる前、少しだけ色がつき、パリッとした段階で取り出し、キッチンペーパーに広げて油分を飛ばします。

この揚げたワンタンの皮を皿の周囲に並べ、中央に海老チリソースを盛るだけで、少量の海老でも見栄えのする料理が完成します。

海老チリソースは海老よりもむしろソースの方がご飯のオカズになりますよね。

揚げたワンタンの皮が適度にチリソースに絡むので、海老チリソースを作る時、ソースの分量を多くすることがおいしい家庭料理にするコツ。

海老がなかったら白身の魚を揚げても代用できる、ご飯が進む料理になります。

関連記事(一部広告含む):