家庭料理はコミュニケーションツールでもある

家庭料理のいいところは人が集まることです。

一家団欒、という言葉、死語になりつつありますが、家に用意されている料理が外食するよりおいしく、しかも食事が楽しい時間と感じることができれば、自然と家族が食卓に集まるようになります。

子供が大きくなって外で働くようになったら家族が集合する時間は限られてきますが、成長過程の段階で味わう家庭料理は大人になっても忘れる味ではありません。

もちろん、家族だけでなく友人、知人にしても家庭で作る料理がおいしければ自然とその家に集まってきて、その料理を味わいながら楽しい時間を過ごすことができます。

家庭料理はけっして身体のバランスを取るものだけではなく、人と人とをつなぐコミュニケーションツールでもあるのです。

スポンサーリンク

最初から凝った料理なんて趣味の世界だけに止めておきましょう。

肝心なのは限られた食材のなかでいかに工夫をするかということ。

このコツを掴むことによって、凝った料理も自然と上達していきます。

ネットには簡単に作れる家庭料理のレシピが溢れていますが、それらの料理を簡単だから、といって作るのではなく、さらに一工夫加えることを考えながら料理に臨みましょう。

最後にどんな料理にも通用するおいしくするためのコツをご紹介。

それは、食べる人が喜んでいる顔を想像することです。

関連記事(一部広告含む):