たくさん捨てるのが断捨離なの?

ここ数年、大きなブームになっている「断捨離」

名前はよく聞くけれど、具体的には何をすればいいの?

たくさん捨てるのが断捨離なの?

そのような疑問をお持ちの方もいるでしょう。

断捨離とはもともと、「断行・捨行・離行」という、心の迷いを手放すためのヨガの考え方からきた言葉だそうです。

スポンサーリンク

意味は、入ってくる不要なものを「断ち」、今ある不要なものを「捨て」、ものに対する執着から「離れる」ということ。

これを片づけに取り入れたのが「断捨離」です。

断捨離で必要なのは、本当に「いるもの」とそうでないものを見分ける目。

必要のないものを「もったいない」「いつか使うかも」と捨てずにいることが、散らかった部屋を作る原因です。

そのような考えを捨てて、本当に必要なものだけを身近に置いて生活できるようになると、毎日がもっと心地よくなります。

そして、断捨離の効果はそれだけではありません。

キレイな空間で生活することは、仕事の能率を上げ、運気アップの効果まで期待できるんです。

断捨離を実践した人の多くが、「ラッキーな偶然がたくさん起きるようになった!」「夢に近づけた!」と実感しているそうです。

そんな不思議なパワーをもつ断捨離。

あなたも実践して、毎日をさらにハッピーに過ごしませんか?

関連記事(一部広告含む):