断捨離で解る!本当に必要なもの

断捨離で大切なのは「本当に必要なものを見極めること」

では、本当に必要なものとは何でしょう?

「もったいない」「まだ使える」と、いらないものをため込んでいませんか?

どんなものも、買った時には何らかの必要があったはずです。

しかし、どんなものが必要なのかはその時々で変化していきます。

スポンサーリンク

時間の経過と共にそれが必要なくたったのなら、いつまでも持っている理由はありません。

製品としてまだ使えるものでも、現在使っていないのであれば、自分にとっては不要なものということなのです。

捨てることに抵抗があるなら、人に譲ったり、リサイクルショップに持っていくといいですよ。

とくに、使う時期の短いベビー用品や子供服は、必要な人にあげるととても喜ばれます。

「おさがり」は昔ながらの習慣であすが、良い思い出になりますよね。

次に必要な人を探して、上手にものを手放せば、あなた自身も、手放したものにとってもプラスになるはずです。

何でも手元に置いておくことが、ものを大事にすることではありません。

やみくもに多くのものを抱え込んでいる状態は、かえってひとつひとつを大切にできなくなってしまします。

本当に必要なものだけを手元に残して、それを大切にしましょう。

関連記事(一部広告含む):