捨てるものの見きわめ方

断捨離の対象となるのは、「不要」「不適」「不快」の3つのもの。

使わないけど高かったから…

人から頂いたものだから…

そのようなものは、本当は必要ないもの。

思い切って処分しましょう。

スポンサーリンク

片づけをするまで、存在を忘れていた場合も、断捨離を検討する必要があります。

昔はよく使っていたけれど、最近は全く使わないものや、サイズが変わってきられなくなった服は「不適」です。

役に立っていた時代があるのですから、もう十分に役目を終えています。

感謝をもって断捨離しましょう。

「不快」はそれを見ることで嫌な思い出がよみがえる場合。

これは、わざわざ手元に残す理由が全くありませんよね。

また、良い思い出のあるものにも注意が必要です。

それを見ることで「あの頃は良かったのに…」と現在を否定的に感じてしまう場合は、「不快」なものということになります。

思い切って手放すことで、気持ちが解放されるかもしれません。

また、「2年以上使わなかったら捨てる」「洋服は、このクローゼットに入るだけしか持たない」などの基準を決めてしまうことも有効ですよ。

何が本当に必要なのか見極める目を養うには、場数を踏むことが大事。

繰り返すうちに、すぐに見分けがつくようになりますよ。

関連記事(一部広告含む):