思い出の品と断捨離

どんなものにも、それぞれ思い出があるでしょう。

思い出と強く結びついているものは、処分するのに勇気がいりますよね。

だからと言って、それらのものをいつまでも持っていることは、あなたが未来に向かって進む障害となってしまうかもしれません。

嫌な思い出にまつわるものは、見るたびにマイナスな感情を引き起こします。

見るのも嫌なのに、なぜか捨てられない…

スポンサーリンク

それではいつまでも、マイナスな感情に縛られてしまいます。

思い切って、処分してしまいましょう。

すると、嫌な思い出とも決別でき、気持ちを切り替えて先に進めるようになるはずですよ。

反対に、いい思い出を伴うもなうものは、手元に置いてエネルギーをもらいましょう。

見るとワクワクするもの、楽しくなるものに囲まれていれば、毎日の生活もワクワクした楽しいものになります。

だだし、大量にため込むのはNG。

保管しておく思い出の品は厳選したものだけにして、あとはデジタル保存してはいかがでしょうか?

写真を撮ったり、スキャナーでパソコンに取り込めば、絵や手紙、手づくりの品なども気軽に残すことができます。

もっとも、これもフォルダーがパンパンにならないように注意が必要です。

取捨選択が大切ですよ!

関連記事(一部広告含む):