「いつか使うかも」に負けない方法

それほど高価でもなければ、特別な思い入れがあるわけでもない。

そのような「ガラクタ」をなかなか捨てることのできない人は結構多いものです。

捨てられない理由はなんでしょう?

「いつか使うかもしれない」

「後で必要になって、捨てたことを後悔するのが嫌だ」

スポンサーリンク

そのような理由でガラクタ大臣になってはいませんか?

確かに、使う機会がまた来るかもしれません。

でも、このままずっと使わない可能性だってあります。

はたして、どちらの可能性が高いのでしょう?

仮に使う時が来たとして、その時に新たに手に入れるのは大変なものですか?

ふたたび買うことが難しいものですか?

そのように考えると、処分すべきものが見えてくるでしょう。

ものを捨てた後に必要になって、「やっぱり捨てなきゃよかった!」と思うことは実際にはとても少ないんです。

めったにない「また使う時」のためにとっておく必要はありません。

使う可能性があまり高くないものをとっておくストレスの方がずっと大きいですよ。

必要ないものを散らかしたまま、毎日「片づけなきゃ!」とプレッシャーを感じる生活はストレスがたまります。

本当に必要なものだけを残して、「いつか」は断捨離しましょう。

関連記事(一部広告含む):