断捨離で捨てづらいのはこんなもの

断捨離で捨てづらいのは人から貰ったものと、高価なもの。

しかし、これも考え方を変えることで断捨離できるようになります。

「人からもたったものを捨てるなんて…」と、頂き物を捨てることに罪悪感を持つ方も多いと思いますが、それではキリがありません。

特に好みでないものや、必要ないものを「申し訳ないから」と捨てられないのは、マイナスなエネルギーをため込む原因になってしまいます。

その人があなたにプレゼントしたのは「気持ち」です。

スポンサーリンク

ものはそれを伝えるためのツールだったわけですから、気持ちを受け取った時点で役目は果たしているのです。

その人の気持ちをしっかり受け止めたら、必要のない頂き物は手放してしまいましょう。

では、高かったものは、どうやって「あきらめ」をつければ良いのでしょうか?

ものの値段に関係なく、しまっておくにはスペースを必要とします。

そして、そのスペースに対して、毎月家賃や住宅ローンが発生しているということになります。

つまり、保管しておくだけでもコストがかかっているのです。

また、ものが多い空間は家事や仕事の効率を下げ、あなたの貴重な時間を蝕んでいます。

時間もまた、大切なあなたの「資産」です。

保管しておくだけならお金がかからない…と考えがちですが、このように見ていくと目に見えないコストが発生していることがわかります。

それらのコストをかけてまで保管しておく必要、果たしてあるのでしょうか…?

関連記事(一部広告含む):