「ときめく」ための収納法

「ときめき」を基準に残すものを決めたら、今度はそれらの収納です。

この時に大切なのは、できる限りシンプルにすることだそう。

片づけたときと同様、同じカテゴリー同士のものをまとめて収納します。

そうすれば、それぞれのものの全体量が常にしっかりと把握でき、必要なものを出すにも便利だからです。

狭いスペースに工夫を凝らして、たくさんのものを収納する方法は、一見合理的に見えて不便です。

スポンサーリンク

最初はきれいで満足感がありますが、無理に詰め込んだ空間はものが取り出しづらく、結局また散らかってしまうのがオチ。

収納を開けた時に、全てのものが見渡せるくらいの量が理想ですよ。

そして、ものを積み上げることは決してやってはいけません。

積み上げてしまうと、下になったものが取り出しづらく、使わなくなってしまうからです。

すぐに取り出せる量を、取り出しやすい形で入れておけば、ものたちも喜びそうですよね。

そして、ものの定位置をしっかり決めるのも大切です。

何がどこにあるかを常に把握できれば、探し物をする必要がなくなり、ストレスのない心地よい空間が生まれそうですね。

せっかく厳選したもの達ですから、しっかり活用できる収納を目指しましょう!

関連記事(一部広告含む):