洋服を片づけよう!

洋服の片づけ基準は意外とシンプルです。

「実際に着るものを残す」だけ!

しかしこれが、簡単なようで意外とできないものですよね。

体型が変わって着られなくなった服を「痩せたら着るから」

若いころのブランド服を「高かったから」

スポンサーリンク

そのようなものは、残念ながらほとんどの場合は「タンスの肥やし」になるだけです。

手放したくない洋服をあきらめるには、数字で区切ってしまうのが効果的でしょう。

「2年間着なかったら捨てる」などと、あらかじめ決めておけば、捨てるかどうか悩まずに済みます。

収納スペースが狭くて悩んでいる人は、それを逆に利用してしまうのはいかがでしょうか。

そのスペースに入るだけしか服を持たないと決め、厳選するのです。

スパースに余裕のあるクローゼットは、忙しい朝の着替えもスムーズです。

少ない洋服を上手に着まわすことができれば、ファッションセンスもアップするかもしれませんね。

衣類でもう一つ注意したいのが、下着や靴下。

ついつい古くなっても使い続け、気づいたらヨレヨレ…というのはNGです。

人からは見えないとしても、そのようなものを身に付けていると気持ちも緩んでしまいます。

早めに新しいものに取り換え、目立たないところもピシッと決めれば、エネルギーもアップしますよ。

関連記事(一部広告含む):