キッチン用品の断捨離のコツ

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

気が付くと一杯になっているキッチンの引き出し。

改めて見渡すと、頻繁に使うものはごく一部ではないでしょうか。

断捨離をするときは、引き出しや戸棚の中身をいったん全部出してみます。

それを見渡して、必要なものだけを残していくのです。

やってしまいがちなのが、割りばしやプラスチックのスプーン、使い捨てのおしぼりなどをため込むこと。

スポンサーリンク

これらは、買い物をしたときについてくるタダでもらえますよね。

「もったいないから」「そのうち何かに使えるから」そういって捨てずにいると、引き出しの中はあっという間に占領されてしまいます。

長い間、引き出しの底に放置された割りばしを、改めて見てみましょう。

袋が汚れて、使う気のしない状態になっていませんか?

これらのものは、始めから断るのが最もいい方法です。

せっかくタダでもらえるから…という発想は、不要なものを増やす原因となります。

そして、もし持ち帰ってしまったら、使い道を探して早めに使い、そうでなければ処分します。

「いつか使うかも」の「いつ」は、ほとんどの場合、永遠に来ないものです。
レジ袋や空ビンなども同じ。

近いうちに使用する予定がなければ、むやみに取っておくのはやめる勇気が大切ですよ。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク