食器の断捨離のコツ

キッチンにある食器を改めて見渡してみましょう。

いつも使うのは、全体の何割くらいでしょうか?

おそらく、多くの家庭のキッチンには、使わない食器がたくさん眠っているのではないでしょうか。

使わない食器には、いくつかの種類があります。

一つ目は、デザインなどが気に入らない頂きもの。

スポンサーリンク

食器をもらう機会は、けっこう多いものです。

しかし、デザインがカッコ悪い、電子レンジで使えない、使い勝手が悪いなどの理由で使わないことも多いでしょう。

もう一つのパターンは、これとは逆で、「使うのがもったいなくて使えない」というものです。

奮発して買った高級なグラスや、引き出物でもらった、しゃれたお皿。

普段使いをするには気が引ける。

割ってしまうともったいない。

そう考えてしまい込んでいるものはありませんか?

しかし、大切にしまっておいて、使う機会がまったくないのでは、かえってもったいないですよ。

思いきって、毎日の食事に使ってみませんか?

断捨離では、自分のお気に入りのものだけを身近に残すことが鉄則。

高級であっても、気に入ったものなら、しっかり使いましょう。

使ってこそものには価値が出ます。

大切なものは扱いも自然と丁寧になるので、割れることも少ないと思いますよ。

関連記事(一部広告含む):