食べ物の断捨離のコツ

食べ物の整理も、キッチンを心地よく保つためには大切です。

冷蔵庫の中身を、一度全部出してみましょう。

賞味期限の切れたものは、もちろん処分の対象です。

賞味期限という「基準」がある分、食品の断捨離は取り組みやすい分野だと思います。

冷凍庫は、長く保存できるだけに不要なものをため込みがちです。

スポンサーリンク

こちらも一度全部出してみましょう。

ラップにくるまれた正体不明なものも出てくるかもしれません。

冷凍してあっても、食品は少しずつ劣化していきます。

冷凍食品の賞味期限は、あくまでも未開封の場合ですから、開けてから時間が経ってしまったものや、いつ冷凍したのか分からないホームフリージングの食品は、あまり使わない方が良いでしょう。

乾物類も保存が効くので、ため込んでしまいがちです。

こちらも、時間が経てば味は落ちてしまいます。

しかし、まだ食べられるものを捨てるのはもったいない。

もしそう思うなら、古くなった乾物類をまとめて調理してしまいましょう。

乾物は戻す手間がかかりますが、それ以外に面倒なことはありません。

上手に組み合わせれば、乾物だけで一食のメニューが作れるので、節約にもなりますよ。

関連記事(一部広告含む):